ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

なめてかかって、本気でやる

ライティングの新しい仕事の詳細が来た。

かなりの人数が参加している企画のようで、その下請けライターとして加わったようだ。

金がかかってる。見たことないSEOのシステムから、いかに優れたサイトを作るか?その仕組みと理論について解説してあった。

まるで呪文だ、何が書いてあるかほとんど理解できない、恐ろしくなって「やっぱりやめます」と逃げ出したくなる。

こんな時は高橋がなり社長の言葉を思い出す

「なめてかかって、本気でやる」

新しいことに挑戦するときは、なめてかかるぐらいがちょうどいい。それで本気でやる。もちろん結果は出ないけど、経験値を得ることができる。

そうだ、つまりはリラックスだ。「このページを参考にしてくださいね」とあったので、そのサイトを写文することにした。

・・

・・・

なんか、日本語、変じゃね?ということに気づいた。

言葉の無駄な繰り返しや、意味の重複。急な語尾や論調のスライドなど、なんというか、すっごい感覚的に書いてある。

すごい!とってもマジキュートでマストなかんじ!ヘビロテけってー

というような感じだ(もちろん誇張してある)

2つほど写文を終えて、もう一度仕事の仕様書に戻った。

ん、なんでわかりにくいか少しわかった。仕様書の日本語もやや変なのだ。

ははは、ここでは文章力なんていらないのだ。情報を収集して、まとめて、アウトプットできればいい。

OKじゃあ、やってみようじゃないのと取り掛かって、ぎりぎり今日終わった。時給は計算したくない。

さあ、経験値は得たぞ。