読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

帯広百年記念館へ行ってきた

博物館・郷土資料館 日記

美瑛から帯広へは2時間30分ほどで行けます。 札幌よりも近いです。

趣味の郷土資料館めぐりも、近場はだいたい潰してしまったので、新天地を発掘しなくてはいけなくなり、帯広の「百年記念館」へ行くことにしました。

9時に帯広着、藤丸デパートで時間を潰します。

沖縄物産展がやっていました。

f:id:hatinoyado8:20170213064359j:plain

紅芋ソフト、マンゴーミックス、うまい。

このとき買ったミミガーチップがまた酒のつまみによかったです。

藤丸は活気の在るデパートでした。

f:id:hatinoyado8:20170213064405j:plain

インディアンへ。 初めて食べました。 

濃厚で男性的なカレーです、ハンバーグカレーがうまい。

カレーなんてだいたいうまいし、帯広で食べなくても・・

と思っていましたが、間違ってました。

これは帯広行ったら必ず食べるべきカレーです。

f:id:hatinoyado8:20170213064413j:plain

で、六花亭へ。

レアチーズケーキが「ふおおおおおおおお!」ってなるうまさでした。

いやあ、食った食った。 時間も昼になり、腹も膨れきったので、百年記念館へ。

六花亭前の駐車場にとめっぱなしの車で再出発です、駐車料金は500円でした、やっす。

緑ヶ丘公園というでっかい公園の中にあります。

夏は野鳥ウオッチングできるみたいです。

f:id:hatinoyado8:20170213065210j:plain

味わいのある案内表示、博物館は380円です。

f:id:hatinoyado8:20170213065222j:plain

f:id:hatinoyado8:20170213065234j:plain

沼に落ちるマンモス。

いやあ、いいですね。

沼に落としましたか、いい仕事です。

f:id:hatinoyado8:20170213065507j:plain

入植のようす。

f:id:hatinoyado8:20170213065535j:plain

計画と実績。

「ズコー!」ってなります。

大変だったろうなあ・・・

f:id:hatinoyado8:20170213065648j:plain

十勝に入植したのは「晩成社」という一団です。

百年記念館には、彼らの残した写真や詩が多数残されていて、興味深い。

f:id:hatinoyado8:20170213065733j:plain

当然、やつらとも戦ったんでしょう。

寒さと熊に対抗するのは、わらと馬と農具。

f:id:hatinoyado8:20170213065754j:plain

でた!いつものわらない機!郷土資料館に一台はありますね。

ここのはコンパクトなやつでした。

f:id:hatinoyado8:20170213065759j:plain

幼稚園です。 西洋風の建物に、いっぱい子供がいます。

f:id:hatinoyado8:20170213065807j:plain

活気。

f:id:hatinoyado8:20170213065820j:plain

f:id:hatinoyado8:20170213065829j:plain

当時のバイク。

当たり前ですけど、単発で空冷キャブ。

そして、うなった写真。

f:id:hatinoyado8:20170213065840j:plain

だだっ広い平野を、馬と人で耕してます。

3馬力も見えますね。 でも、終わりの見えない作業だったでしょう。

f:id:hatinoyado8:20170213065850j:plain

現在はコレがあるから幸せなんです。

ちなみに、手前のミニチュアがすばらしい出来でした。

誰が作ったんだろう・・・ただものではない一品です。

そして、本日の一枚。

f:id:hatinoyado8:20170213065900j:plain

アイヌイヨマンテの写真です。

多くの和人が取り囲んでいるところを見ると、なにかのイベントだったのかも。

なんにせよ、写真で見るのは初めてです。

f:id:hatinoyado8:20170213065910j:plain

いやあ、百年記念館すばらしかったです。

エントランスにある像が、いとうあさこにちょっと似てました。

広告

 

 

広告を非表示にする