ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

刑務所に入ろう!

「 矯正展いかない? 」とツレが言った。

キョウセイテン?なんじゃそら?と聞いてみたら、どーやら

旭川の刑務所にてイベントが行われるらしく、

まあ、他にやることもなかったので行ってみたらすっごい面白かったんだ。

f:id:hatinoyado8:20161017201652j:plain

広告

 

 

旭川刑務所矯正展

旭川刑務所は旭川の東のはずれ、東鷹栖という場所にある。

f:id:hatinoyado8:20161017202319p:plain

刑が長期の囚人が多く、270人くらい入ってる。

そして、約半分がヤクザ、暴力団員である。

施設が古くなったので改装された、今年の二月に完成したらしい。

 

いやあ、こんなイベントでもない限り足を運ぶことはない( はず )なので、

ちょっと楽しくなってきたよ。

 

刑務所の横の団地から入る。

f:id:hatinoyado8:20161017203017j:plain

白くてキレイな建物群、国立大学ですといわれても信じるぞ。

f:id:hatinoyado8:20161017203106j:plain

正門前。 

 

 

刑務所見学コースにもちろん並ぶ。

 

 

 

 

 

「 刑務所内は撮影禁止になってマース 」

 

 

 

 

まあ、当然だよね!

ってことでココから文章のみです、ご了承ください。

あと刑務所にゆるキャラはさすがにダメなんじゃない?

 

 

f:id:hatinoyado8:20161017203135j:plain

 

刑務所に入ってみた

 正門の脇にある小さい扉から入る。

ハンターハンターだったらミケに食い殺されるヤツ

 

f:id:hatinoyado8:20161017203606p:plain

 

中に入るとミケはいなかった、が、まだ門があって、緩衝地点のような場所に出る。

バスケットコートぐらいの空間に、待機所のような小さい建物があるだけ。

シャバから堀の中に入るんだなあ・・・という気持ちにさせる場所だった。

 

第二門をくぐると、まあ、外とにたようなキレイナ建物があって、

広々とした道と、草地、野球場など。

「 刑が確定してない人もココにいます 」と案内役の刑務官が言った。

刑が確定していない場合、証拠隠滅の恐れがあるので、基本的に一人行動をさせられるらしい。

「 これから工場を見てもらいます 」

刑務所の仕事は週休二日で、午前7時から5時まで。

仕事内容は自分たちの身の回りのものを作ったり、

旭川だけかもしれないが木工製品を作ったりしていた。

ミシンや木を切る専門道具がいっぱいあった。

暗い雰囲気はない。 システマチックな工場だった。

 

もちろん囚人とすれ違うことはない。

だからかもしれないけど、

「 刑務所ってこんなに快適なの? 」と感じてしまう。

人権とかあるんだろうな。 

「 雑菌とか不衛生にしてるとパンでミックになってしまうので 」と

洗濯や布団乾燥機などがある。

いいなー、布団乾燥機いいなー。

 

窓に格子がある以外は、

「 できたての病院 」ってイメージ。

ただ、あるのは病室ではなく、囚人が生活するための部屋だってことだ。

個室はさすがに狭いけど、5時から9時までテレビが見られるらしい。

うーん、ライダーハウスにいる人はもっとプライベートスペースが小さいぞ。

風呂も食事もない。 囚人にはある。

 

「 健康のため、必ず外で運動させています 」

へー、さっきの野球場とかはそのためか。

「 ただ、刑が確定していないひとはココです 」

といってハイエースぐらいの広さの空間を指差した。

散歩をするにしても目が回るくらいの狭さである。

うーんきっついなあ。 こりゃ

「 はやく裁判終わらせてくれ 」ってさせるトラップかもな。

 

1時間くらいで見学は終了した。

「 我々の刑期は1時間だった、シャバの空気は美味い 」

とお決まりのセリフをはいて終了。

 

それから刑務作業で作った製品を売るコーナーで

バーベキューコンロに一目ぼれ。

f:id:hatinoyado8:20161017210035j:plain

買っちゃった。 まあ、毎年のように七輪を買い換える環境なので、

頑丈で無骨なやつが欲しかったんだよ。

 

寄り道

帰り道で「 痛車ふぇす 」をやってるらしいから覗いてみた。

f:id:hatinoyado8:20161017210329j:plain

f:id:hatinoyado8:20161017210351j:plain

金がかかってる。

このタイプのランクルかっこいいよねぇ

f:id:hatinoyado8:20161017210440j:plain

一番愛が暴走していた。

ヒッチハイカーも裸足で逃げ出す狂気のラブワゴン。

アタシの投票権はこの車にしたよ。

f:id:hatinoyado8:20161017210705j:plain

事故車?

f:id:hatinoyado8:20161017210729j:plain

180? ロールバーまで入ってた。

f:id:hatinoyado8:20161017210759j:plain

グランプリ。

f:id:hatinoyado8:20161017210817j:plain

すげえ、東方のキャラを特注で描いてもらって、フルラッピング。

いったい幾らかかったんだろう?

f:id:hatinoyado8:20161017210927j:plain

こういった痛さもあるんだね。

f:id:hatinoyado8:20161017211023j:plain

唯一欲しくなった。

貴重だよなあ・・・・

 

それから抽選会が行われて、それがいままで見たことないくらいグッダグダで

「 ----番いませんかー? 」って100個ぐらいある商品に当選したひとが

ほとんど帰ってしまっていて、あまるあまる。

「 あまったのはどうするのかなあ? 」って思ってたら

「 じゃんけん大会ーー!!!! 」って

あはははは、さらにぐだぐだしたじゃんけん大会が始まって、

100個近くあった景品は、最後まで付き合ってくれた我々の参加賞レベルに落ちたのだった。

ただ、じゃんけんが思ったようには勝てなくて、ほんと最後の最後に残り物の景品

「 東神楽町ゆるキャラグッツ 」をもらって帰ってきた。

 

そんな自由の対価について考えさせられた日。

 

広告