ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

モンベルの沢靴を買う:せんくんドローン:ケガから得られるもの

前回の白水川で「さすがにヤバイ」と思い沢登り専用の靴を買いました。

 

hatinoyado.hatenablog.jp

 沢登りなんてマイナーなジャンルのギアを作ってくれる会社は少なくて、ネットで調べたらモンベルともう1社だけ。しかもアマゾンにも在庫は少なく、モンベルのサイトから直接購入しました。

で、配送方法の一つに「モンベルショップに送る」というものがあり、それにしたら送料も代引き料金も必要ありません。幸い近くに東川店があるので、そこに送ってもらいました。

で、2日後。「入荷しました」という電話が。「早っ!!!」と思います。せんくんが「モンベル行きたい」といったので2人でドライブです。

6000円ぐらい。

フィッテングして購入です。店員さんは親切で「もしサイズが合わなかったら・・」と言ってくれます。これは心強い、モンベル東川店はいい店です。

「ほかに何かないかな?」と店内をぐるぐる歩いたら「え!」と驚きました。なんと沢靴コーナーがあるのです。「ひょっとして、最初から在庫にあったのでは・・?」と思いました。

さあ、これで沢登りがもっと楽しくなるはずです。「行きたいっすね」とせんくんもやりたそう。いろいろ話して美瑛に戻ります。

 

せんくんドローン

 雨だったのでバイトやすみのせんくんをドローンで撮りました。

やっぱり編集はwin10のビデオエディターで十分。

 

宿に帰ると 「お世話になりました」とまことさん

f:id:hatinoyado8:20180810210954p:plain

それにしてもカブすごいっすね、キャブにマグカップがぶっ刺さっているのはなんでですか?と聞くと「ああ、これ」とマグカップをスポッと抜くとエアクリーナーがでてきました。「カブ50で?」ああ、これ110の4速にしてるんだよ。とのこと。それに伴いもろもろを交換して、ほぼ原形はフレームのみということです。

北広島のナンバーだったので「キタヒロから来たんですか?」と聞いたら「広島の北です」ということです。ああ、そっちの北広島か」と思いました。あっちのほうが本家ですけど。

 

ケガから得られるもの

居酒屋営業を始めようかとおもったら、やっちが青い顔してやってきました。「ひきがねさんケガしたみたいです」といいます。え、ひっきーが?「ドクターヘリで運ばれました」と後ろからバイト先の人が。聞くと機械と接触してしまい、手をケガしてしまったとのこと。「命に別状はないのですが・・・」手の神経が傷ついていないことを祈るばかりです。

 

私も旅先でケガしたことがあります。その時は郵便局の友達と九州を走ってました。いつもソロツーリングばかりだった私は2台で走るということに慣れず、しょっちゅう後ろを振り返ってました。そして前を向いたときにガードレールと指を挟んでしまったのです。

 

左手の人差し指第一関節から上はつぶれ、救急車で運ばれました。それから1週間ほど通院。最後に包帯でぐるぐる巻きにして北海道に帰ってきました。それから1か月ほどで包帯を外して自由になったのです。

 

最初の数日は痛くて眠れず「なぜ、こんなことになったのか?」とゲストハウスの布団でモンモンとしてました。それから導き出されたのは「もうマスツーリングのときは他人を気にするのはやめよう」ということです。

 

たとえ何台で走ろうが、基本的には一人で動くのがバイクであると。目的地さえ共有しておけば、それまでは自由なのだ。それがバイクの醍醐味だと心に刻みました。

 

ケガの功名です。痛い失敗からは必ず学ぶものがある。そして失敗を無しにすることはできません。ただ、ひたすら、ひっきーの手の神経がつながることを祈るだけ。