ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

最後のソファーにたどり着いた話

ライダーハウス蜂の宿管理人のノザワです

 

家具屋やリサイクルショップのソファーコーナーに行くのが好きです。

そこには数多くのソファーがあり、ひとつひとつのテイストが違います。

見た目がかっこいいもの、座り心地が良いもの、機能的なデザイン。

実際に腰を落として「ふんふん、これはいいですね」とするのが素敵な時間の過ごし方です。

 

そんな私の理想のソファーには、なかなかめぐり合いませんでした。

大学生の時に使っていたのは友人からのもらいもの。

郵便局員時代に使っていたものは「なんとなくかっこいいから」買ったもの。

どれも機能的にはあまりよろしくないものでした。

 

「部屋というのは、まずソファーから始まる」と村上春樹は言っています。

インテリアの中心であり、スタートであるのがソファーです。

一日の疲れをいやしたり、休日の趣味をすごしたりするのはソファーの上です。

「どこかに理想のソファーがあるはず」と思っていたら、その前にそれどころではなくなりました。

 

仕事を辞め、ライダーハウスを始めてからはソファーどころではなくなったのです。

「どうすれば潰れずに、長続きできるか?」というような感じでやってきたので、椅子というのは腰を落ち着ければ100点なのです。

ライダーハウスで最も活躍する椅子は、酒屋から200円で買ってきたビール箱といっていいでしょう。

そんな感じで8年ほどやり、なんとなく余裕が出てきたのでソファーを買うことにしました。

 

それまで使っていたリサイクルショップで5000円のソファーが、さすがにぐったりきていたのです。

座るたびに綿をととのえなくてはならず、我慢の限界でした。

ただ、良いソファーは高い。私は悩みました。

旭川の家具屋やリサイクルショップを巡っても「これは!」と思う商品は、やはり良いお値段がするのです。

大枚をはたくか・・・!

しかし、冬の間アルバイトをするつもりがなかったので、資金に余裕はなかったのです。

それでもソファーがほしい!そこで候補に挙がったのがネットです。

 

アマゾンなどで検索すれば、なかなか素敵なソファーが売っています。

それも安い。2万も出せばいろんな商品がヒットします。

ぐりぐりとソファーのカテゴリをスクロールする毎日。そのなかでライダーハウス用にひとつソファーベッドを買いました。7000円の商品です。

届いたものは、まあ想像の範囲内。それでもコスパは素晴らしい。実店舗で7000円の商品というのは、ほとんどゴミのようなものですから、さすがはアマゾンだとおもいました。

そして自分用に一つ買おうとしたのですが。あまりにも迷い過ぎて気分が悪くなってきました。

楽しいソファー選びが、苦痛に変わったのです。

「はやいとこ決めてしまえ」ということばと「まだだ、もっといい商品があるかもしれない」ということばが私の中で渦巻きます。

そんな闘争状態インマイヘッドに終わりが見えたのは「タンスのゲン」という会社を思い出したからです。

 

今年買った物のなかで、最も私を癒してくれたのがスプリングマットです。ベッドに置くやつ。それを布団の下に引くことによって、素的に体重を受け止めてくれるのです。

そのクオリティの高さたるや驚きました。タンスのゲン!すごいぞ!

ネットで検索すると、すぐに楽天のショップにたどり着きます。そこで運命のソファーにであいました。

 おおおおおおおおお!!!

かっこいい!!

これだ!私のもとめているソファーはこれだ!

値段も15000円!ご予算内!

購入決定、数日後到着、ドキドキしながら組み立てます。

その座り心地は、まさに私の求めているものでした。

柔らかすぎず、固すぎず。それでいて姿勢が自由になるので足を組んだり、半座になったり、胡坐をかいたり、体育座りになったり。

やや硬く、広めの座面がなせる業です。

これは今まで試しずわりしたどのソファでもできないことです。

 

私はもう、家具屋に行ってもテンションが上がることがなくなりました。

一生をともにできるソファーに出会ったからです。

それは少し、悲しいなあって思います。

 

今週のお題「今年買ってよかったもの」