ライダーハウス蜂の宿

閉鎖しました 

Mavicで自転車を撮る

「バイクに比べて自転車は撮りやすいだろう」

と思ってましたが、そんなことはありませんでした。

日本一週チャリダーのYuくんに被写体をお願いして、丘でドローンを飛ばします。

イメージとしては、顔がわかるぐらい接近して飛ばしたかったのですが、結構難しいことがわかりました。

体に染み付いたmavicのスピードと、自転車のスピードが合わないんです。

スティックを倒しすぎると追い越すし、倒さないと離されます。

バイクだったら「30kmで走って」といえばいいのですが、自転車にはなんていったらいいのかわかりません。

つまりは準備が足りなかったといえます。

「こんな感じで撮りたい」というイメージが無い状態で撮影しても、あまり良いものは出来ないのです。

というわけで次回作にご期待ください、チャリダーが来たら飛ばします。

広告