ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

富士登山と、予定調和はつまらない~タカサキくんの災難

初登山は富士山だった

というか富士山に登ってみたかったのであった

一人じゃ不安だったのでタカサキくんという

郵便局の同期をさそって東京へ。

新宿からバスに乗ろうとしたときに、あることが発覚して

タカサキくんはすごいあわてていた。

僕はポカンとしてた。

そんな僕らの視点の違いをちょっと書いてみる。

 

 

 

バスに予約が必要だった

富士山行きのバスはとても混む。

が、田舎者の感覚として「 乗れないほどじゃないだろう 」

という甘えがあった。

受付の人に「 予約がないと乗れません 」といわれて、

「 どーして予約してないの? 」とタカサキくんがあわてた。

 

僕はドキドキしていた

 

よっしゃ!トラブル発生したぜ!

僕は旅にはトラブルがつき物で、それをなんとかしてクリアするのが楽しいと思う。

ただでさえ、今回はいつもと違う2人旅なので、ちょっと奇麗に予定を組みすぎたのだ。 「 バスに乗れない 」というトラブル発生によって、僕の旅スイッチが入った。 脳が回転し、ほほが高潮して、体はしゃっきり動き始める。

なんてったって、ここは東京なのだ。 金さえ使えばできないことはないだろう。

 

結局、鉄道を使って富士山吉田口にあっさりと到着。 バスよりも面白かった。

 

この日は7合目の山小屋に宿泊、午前3時に登山再開。 あたりは人だらけ。

 

暗くて何も見えない

山小屋を出発したとたんに問題が起きた。 ライトを持ってこなかったのである。

そこで、スピードの遅い夫婦に目をつけた。

後ろをストーキングする方法によって、なんとか暗闇の山道をすすむことができた。

よっしゃ、これでいける。 タカサキくんは何も言わなかった。

しかし、ライトを持っているご主人がクルリ振り向いて

「 後ろを歩かれると気になる、先に行け 」

えぇ・・・・・

 

ごつごつとした岩場を四つんばいで上る羽目になった

タカサキくんは何も言わなかった

8合目を過ぎたあたりでご来光、

山頂で見ることは叶わなかったが、いやあ、ありがたかった

なんてったって道が見えるのだ

 

タカサキくんがしゃべらない理由がわかった

8月とはいえ富士山の9合目は寒い

僕は防寒を着ていたので大丈夫だったが、タカサキくんは青白い顔で

「  ・・・・・さむい 」ボソッっとつぶやいたのだ

僕は「 はやくいえよー 」とわらって

ザックにつっこみっぱなしの、北海道でバイクに乗るときの防寒をとりだした。

「 もってるんなら早く言え 」と怒られる。

ようやく体温を取り戻したタカサキくんは

「 いろいろありえない 」とつぶやくのだった。

 

それから、山頂近くの渋滞にはまったおかげで、高山病にもならず

われわれ初心者クライマーは、無事日本最高峰に登頂したのだった。

郵便局員らしく、山頂郵便局から「 かもメール 」を出して下山。

帰りはバスだった、じつにカンタンでつまらない交通手段だった。

 

予定調和はつまらない

予定した行動を予想通りにすすまないと怒る人がいる。

それはレンガを縦に積み上げいくようなものだ。

最短で最高の高度にたっすることができるが、横からの力に弱い。

 

富士山の旅で、僕はタカサキくんをちょっと鍛えることができたのではないか。

彼は、レンガをまっすぐ立てるように、入念な下準備と情報収集を怠らなかった。

「 トラブルが起きないように 」行動するタカサキくんと

「 なにかトラブルが起きないかな 」と期待する僕。

結果として楽しかったのはどっちだろう。

 

後日、タカサキくんの結婚式で

「 なんと新郎は初登山で富士山にのぼったのです! 」って紹介されてた。

それを聞いて僕は「 ニヤリ 」と笑ったのだった。

 

広告を非表示にする