読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

金がなくても死ぬことはない

うつにならないみそ汁

僕たちの最大の恐怖は

「 金がなくなること 」だと思う

金がなくなったら死ぬしかない、

誰もがそう思い込んでいるんじゃないだろうか

でも、そうじゃないらしい

 

f:id:hatinoyado8:20160213160307j:plain

 

 

見えないセーフティネットはある

二年前、とある旅人が

「 じつは本を書いたんです 」と

電子書籍で出版したと言っていた。 

 

著者のnさんは基本的におだやかな印象だが、

ふとしたことで、射抜かれるような意思を見せる

そんな人だ。

 

この本は彼の自伝であり、転落記であり、成長記である。

ホームレスに落ちてから、おそらくいま、僕がハマっている

ゲームの会社でプログラマーをしたり、

読めば波のある彼の人生を知ることができる。

 

彼と将棋を指した。

西成という「 日本のスラム 」と呼ばれるところで覚えたらしい。

 

うわさに聞く西成のスラム。 その生活に興味があった。

いつもの中飛車で待ち構えながら、nさんに話を振る。

「 あの、西成ですよね・・日本のスラム街といわれる 」

「 え・・うん、でも楽しかったよ 」

楽しかった? どーゆーことだ? 彼の本を買うことを決定した一言だった。

 

で、本に書いてあるのだけれど、西成にはNGOなどの

浮浪者に職を与えて、脱出応援システムのようなものがあるらしい。

はえー知らなかった。 

つまり、金がなくなっても、ここに行けば死ぬことはないのだ

セーフティネットはあるじゃないか、見えないだけで。

 

生活保護には頼らないという矜持

セーフティネットといえば生活保護。 いろんな問題があるだろうが、

僕は死の瀬戸際まで、このシステムにはお世話になりたくない。

それが人間の誇りであり、矜持であるとおもっている。

だから、nさんのこの話を聞いたときは、あたたかな気分につつまれたものだ。

僕たちはついつい、

同じ土地で同じことを繰り返しているから、こーいった情報に気付かないで

極限までがんばりすぎて破局してしまう人もいる。

金がなくなったら西成でNGOを探せばいいのだ。

そのことを知っているか知らないかで、キモチの余裕が変わるのですよ。

 

後日、実際に西成に行って、自転車でぐるぐる回ってみた。

くさくて、あたたかな土地だと思った。

 金がなくなったらここに来よう。

大事なのは動くこと

ホームレスといえば、忘れられない人がいる。

美瑛に来て初年度にmさんという高齢者がいたのだ。

 

mさんは仕事を探しているらしく

僕もなるべく力になろうとしたが、

ぽつぽつ小金をちょろまかしたり、

1000円ぐらいの支払いを滞ったりしていた。

「 どーも、mさん、帰る家がないらしいよ 」と同居の人からきいて

問いただしたら、土下座をしてきて

「 他に行くところがないんです! 」と言われる

10月下旬の、雪の降る日に追い出した。

 

残酷かもしれないが、同情できない理由があった

mさん、家で仕事なんか探さないで

「 エースコンバット 」というゲームばかりやっていたのだ

そりゃホームレスになるよー

 

セーフティネットはある、

だが、そこにお世話にならないように努力したり

そこから脱出できるように動いたり

そーいった精神を放棄して、稼いだ分だけ酒を飲んだり

なにもしないで破局をまったりする人には

セーフティネットなんてくもの巣のように

頼りないものなのだ

 

 

 

 

広告を非表示にする