読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

美瑛川氾濫の日

珍しいことに台風が二個も北海道にやってきてさ、すっごい雨が降り続けてたんだ。

f:id:hatinoyado8:20160823221409p:plain

過去の気象衛星(2016/08/22)(日本付近) - 日本気象協会 tenki.jpより

今日も夜からスゴイ雨音が響いていて、ケータイの災害情報がなるんだよ。

んで、ついに朝

「 美瑛川が氾濫の恐れがあるので、地区の方は避難の準備をしてください 」って

来たんだよ。

え! まじで?

やっちゃいけないかもしれないけど、様子を見に行く。

広告

 

 

見たことないくらい増水してる

 カブで堤防に行く、人が結構いる。 川はすごかった。

 

f:id:hatinoyado8:20160823221815j:plain

うへえ、なんだこれ? チョコレートの暴力?

 

ふだんは「 堤防なんて自然破壊だ! 」ってちょっと思ってたけど、

ごめん、反省する。 堤防は大事だ。 堤防がなかったらアタシらは生活できないんだってことがよくわかったよ。

ライスセンターのあたりまで行く、うわ、なんかやばそう!

後から聞いた話では、結構浸水してしまったらしい。

大変だ。 農業被害も相当でてるだろうな。

headlines.yahoo.co.jpベベツ川もやばい。

自然は冷酷で残忍な時がある。

そんなときには近寄らないのがベターだろ。

ってことで

 

富良野のカブ所、野良カフェにいってきた

f:id:hatinoyado8:20160823222920j:plain

連泊のアルマが出発し、ヘリウムも出発予定。

乗せ変えたエンジンの調子が悪いヘリウムを先導に、富良野のカブのりがあつまるカフェに行ってきた。

yasmid.exblog.jp

f:id:hatinoyado8:20160823223146j:plain

f:id:hatinoyado8:20160823223154j:plain

カレー旨い。 コレまで食べたことがない旨さだった。

うん、これはカブ乗り集まるわ。 それに、カブのりじゃなくても繁盛してるみたいで、アタシらが入った後からぞくぞくお客さんがきて忙しそう。

忙しいだろうけど、食べ終わった後にバイクと一緒に撮影してくれたんだ、これなんかうれしいな。

んで、すべて終わって解散したんだ、現地でね。 

なぜなら、ちょっとスピードを出してみたかったんだよね、チェーンを変えてアタシのカブが絶好調だからどうなるかな?って。 

いやー美瑛まで帰るときノーフリクションのカブのトルクがうれしかったよ、チェーンを変えて本当によかった。

 

夜、水が止まる

居酒屋の買出しをしてたら

「 水とまるってね 」って酒屋の奥さんが言ったんだ。

水とまる? たしかに水圧が弱い、今にも止まりそうだ。

だましだましできるかなあ?って居酒屋を開始したんだけど、しばらくして

まったく水道から水が出なくなっちゃったんだよ。

あ、だめだ

すぐさま居酒屋終了宣言、シャワーは大丈夫かな? 断水したら空焚きになるかな?

トイレもだめか? やべー

やばいけど、どうしようもないな。

でないものはでない。 

圧倒的な自然の前じゃどうすることも出来ないんだな。

 ゲームの罰ゲームにカラオケをする

f:id:hatinoyado8:20160823224746j:plain

うんうん、おもしろかった。

夜になってヘリウムが

「 キャブを交換しました 」ってやってるんだ。

どうにかなる問題をどうにかするって面白いよな。

どうにもならない問題を心配するより、どうにかなる問題に取り掛かったほうがいい。

今週はずっと天気が悪い。 アタシにできるのは美瑛川が氾濫したら逃げるってだけだ。 心配したら川の水が落ち着くってわけじゃないし、水道が復活するってわけでもない。

広告

 

 

 

 

一人でカブのエンジンを載せ変える

ライスをやってたヘリウムくんがさ、稼いだ金で高いカメラを買ったって前に書いたんだけど、じつはもう一つ買い物をしてるんだよ。

 

hatinoyado.hatenablog.jp

 

「 ボアアップしました 」って彼のリトルカブは50cc、原付だ。

それを75ccに変えたんだって。 わざわざナンバーを送り返して、手続きして、送ってもらったんだって、黄色ナンバーのリトルカブになってたよ。

 で、すんなりとはいかなかったみたいなんだ。

広告

 

 

エンジン抱きつき

「 エンジンが抱きつきました・・・ 」って青い顔してるんだ。 抱きつき?

ああ、焼きつきの一個前のやつね。 ネットで調べたら焼きつきのひどいやつを本来は抱きつきって言うらしいんだけど、まあ走行中に異音がして、エンジンブレーキ

 おそるおそる帰ってきたらしいんだ、つまりキックは降りるしエンジンはかかる。

ただ「 コンコン 」って異音がするんだな。 もちろん原因はボアアップなんだろう。 悪さをしてるのがピストンなのか、キャブなのか? そもそも、旅中にボアアップしたことが間違いなのか? もんもんとしてる、が、できることは工具を貸してあげることぐらいだからなあ。 走行中の焼きつきは命に関わるトラブルになるからな。

 

エンジン載せ変え

 それから数日して、バイクをいじっている彼がいたんだ。 「 お、どうしたの? 」

 

「 エンジン載せ変えです 」

 

f:id:hatinoyado8:20160822225351j:plain

 

ダンボールから中古のエンジンを引っ張り出してたよ。

 

おもしろいから、手を出さないで見守ってたんだ。

 

一人で、エンジンを持ち上げてマウントする技を見せてくれた

二本のボルトをさせばいいだけみたいだ。

f:id:hatinoyado8:20160822225525j:plain

 アタシの「 真冬に洗濯機を凍らせない技 」くらい就職に関係のない技だね。

その後、カブの人とオイルトーク

f:id:hatinoyado8:20160822225658j:plain

0-30 と 10-50をブレンドするらしい。

「 別物になります 」ってさ。

聞くとこの人のカブ愛もスゴイ。

「 ジェネレーターが壊れちゃって 」といいながら、ガスケットをさくさく交換。

・・・・旅中だよね・・・・

八万キロはしってる彼のカブ110はエンジンのオーバーホールをしたり、サスを変えて車高をかせいだり、そのせいでマフラーとスイングアームが干渉したりと

カブ・ライフ

をエンジョイしてるみたいだね。

 

それからバスケに誘われて

f:id:hatinoyado8:20160822230115j:plain

 帰ってきたらニコニコ顔だったから、無事エンジン交換はすんだみたい。

うん、たいした技だ。

広告

 

 

 

スーパーカブ110のチェーン交換をしたよ- トルクにムラがなくなった -

 カヤック三艇つんだリアカーを引っ張って丘をのぼったりしてるせいか、

カブのトルクにムラというかひっかかりのようなものがあったんだ。

 

うーうぅんー・うーうぅん

 

ってカンジで、低速のときや、ニュートラのときにはでてこないので

「 駆動系かな? 」ってアタリはつけてたんだよ。

 つまりはエンジンからのドリプン、スプロケ、チェーン、タイヤにいたるどこかに

ストレスがあって、それがムラになってるんじゃあないかな。

 それがあっさり解決したんだ、問題はチェーンだった。

広告

 

 

チェーン交換

 スーパーカブ110のチェーンなんて安いもんだ。

 


 

 

f:id:hatinoyado8:20160822101612j:plain

チェーンカバーをはずそう。

実にカンタン。

f:id:hatinoyado8:20160822101644j:plain

f:id:hatinoyado8:20160822101725j:plain

んで、このクリップを外す。

f:id:hatinoyado8:20160822101736j:plain

ペンチがあればできるさ。

 

f:id:hatinoyado8:20160822101923j:plain

f:id:hatinoyado8:20160822101944j:plain

f:id:hatinoyado8:20160822101957j:plain

f:id:hatinoyado8:20160822102034j:plain

ここで、あたらしいチェーンを古いチェーンとつなげてまわせばスムーズ。

ま、うれしくなっちゃって全部外してからそのことに気付いたけど。

f:id:hatinoyado8:20160822102112j:plain

新旧。 

べつにめだった伸びはなかった。

しいて言えば汚かった。

f:id:hatinoyado8:20160822102707j:plain

逆の手順でつける。

シャフトを緩ませ、タイヤを引いてバランスを取るんだけど、

若干コマが多いのかな? 古いのと変わらないくらいの位置だった。

で、ためしに走ってみる。

 

すっかりよくなった

 走り出した瞬間に感じたんだけど

「 あ、なおった 」ってわかるんだな。

トルクにムラがなくなった。

すっごい気持ちがいい。 この感覚が1500円くらいで買えるんだから、

ケチってないでとっとと変えればよかったな。

ん、そのまえにチェーンの清掃をきっちりやれって話か。

カブはチェーンカバーがあるから汚れにくいんだけど、

チェーンカバーがあるから掃除がめんどくさいってのもあるかもしれないな。

アタシはチェーンに油をさすのが好きでさ、

その油もモリブデンをつかってる高級品をつかってたんだけど、

これはあんまり良くないかもしれないな。

カブごときに高負荷対応の油なんて必要なくて、むしろ

さらっとやわらか( 500kmごとにさしてね! )ってバーゲンセールな

油のほうが向いてるんだろ。

 

で、さす前にパーツクリーナーをぶっかけてブラシで洗ってあげたほうがいい。 チェーンをさす場所もあれだ、間違ってた。

 

チェーンの真ん中にさしてた

 

意味ねー、意味ねーよ。

ちょっと考えればわかる話だったんだな。 動くところに油が必要なんだから、チェーンは両サイドにさすべきだったんだ。

 

 まあ、勉強になったし、カブのしくみの一部を理解できた。

それだけでもやった価値はある。

広告

 

 

 

 

麻雀が弱いのならコレをやってみろ- 過去の自分へ向けて -

 アタシはとにかく麻雀が弱いんだ。 

ま、麻雀だけじゃなくてギャンブルすべて弱い。

勝負や賭け事にムいている性格じゃないんだろうね。

高校生のときに友達から教えてもらって、それから7年間、大学生になってまで

打ちに打った。 そして、負けに負けた。 勉強代は学生って事で、たいしたことじゃなかったけど、賭けた時間はたいしたもんだよな。

その時間のかわりに得たのが

「 自分は賭け事に向いていない 」って真理だったんだけど

失った時間と釣り合った物かは人生おわってみないとわからないんだろうね。

 で、まったくといっていいほど打たなくなって、15年ほど経ったんだけど、

今振り返ってみたらどうして勝てなかったかなんとなくわかってきたんだ。

さっきもライダーハウスでちょっと遊んでみたんだけど、バカみたいに勝った( もちろん何も賭けていない )のは、それがギャンブルじゃなくてゲームだったから、ってのとちょっとしたコツなんじゃないかな?

 ってことでアタシのような麻雀が弱い人に向けて、ゲームとしての麻雀の勝ち方について、なんとなくわかったことを話してみるよ。

広告

 

 

熱くなるな

 ゲームってのは熱くなっちゃおしまいなんだ。 これをいったら

「 熱くなれないものの、なにがおもしろいんだ? 」って言われそうだけど、事実そうなんだよ。

 アタシが負けまくったとき、アタシはマージャンが好きで楽しくて、熱中していたんだな。

 冷たいハイの感触と、じょじょに姿を見せる役の美しさ。 てんぱったときの高揚感。 振り込んだときの吐き気。 すべて楽しかった。

 

 でも勝てなかった。

 

 アタシがギリギリとした目でハイを見つめても、勝つのはだいたい笑いながら喋ってる上級者で、「 真剣にやってるのはこっちなのに、何で勝てないんだ? 」って思ったもんだよ。

 当たり前だよな、アタシは麻雀パイしかみてなかったけど、上級者は麻雀パイしかみてないアタシまで見ていたんだよね。

 こっけいだったろうね、きっと丸見えだったんだろ。 

 

 そのときのアタシにかける言葉は

 

「 ルック・アップ! 顔を上げろ 」ってことだね。

 

 

麻雀はやることが少ないゲームだ

 ギャンブルではなく、ゲームとして麻雀にふれてみると、実に退屈なゲームなんだって思うんだ。

 いや、退屈って言葉はよくないな、ごめん。 選択肢がすくないっていえばいいのかな? まずハイパイをみるだろ? こんなカタチになるかな?って予想するだろ?

他の三人の様子を伺うだろ?

スピードで勝てるか想像しながら何回かツモって、方向性が決定するだろ?

あとは鳴いたり、オリたりしながらゲームを進めるだけなのさ。

 アタマよりも勘を使う場面が多いんだ。 効率だけ追うのなら、何も考えなくてもできるのさ。

 それよりも勘だ、勘をはたらかせるにはハイよりも人間を見るべきなんだよ。

 

 

 ところで、人間はさ、言葉が生まれる前はテレパシーで会話してたって話しをしってるかい?

 

アタシは信じてるよ、人間にはテレパシーがある。

 

麻雀は人どうしが響き会うゲームだ

「 アノ人とは合わない 」って言葉が今日も日本中でつぶやかれてるだろう。

「 何を考えているかわからない 」ってね。

 じゃあさ、「 何を考えているかわかる 」ってありえるのか?

ありえないだろ? 思考のすべてが漏れる人はいない。

 でも、つかってしまう「 アノ人は何を考えているかわからない 」

 

それはね、波長の問題なんだと思うよ。

心臓のリズムや呼吸。 体温と好む気温や湿度。

善悪の境界線や、出身地の違い。

今まで見てきた景色や、くぐってきた仕事の痛み。

背負っている何か。

それらは人によって違うけど、分かり合えることはできる。

チャンネルを合わせるんだ、あれ? 話がヤバイ方向になってきているぞ。

 

じゃあ、まとめるよ

 

麻雀で勝つには

 麻雀で勝つにはまず地の利だ。

 これは遮蔽物が多く、こちらから見通しのきくポイントに付くことが求められる。

通路を見下ろせる高所などがいい、もし、敵がマヌケにも通路の真ん中を歩いてきたのなら、イーピンをぶつけるといい。 

 トラップも有効だ。 

 山をつくる要領で、落とし穴を作り、底には百点棒をたてておけば致命傷はうばえないものの有効である( 戦場では負傷兵ほど足手まといだから )。

 「 缶コーヒー買って来たよ 」といって睡眠薬を混ぜておくのもいいし、

 リーチ棒を対面の眼球に突き刺すのも効果的だ。

 桜井章一を呼ぶのもいいだろう。 いくらかかるか知らないが、勝利に代償はつきものである。 

広告