ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

ビビっているなら攻めなくてはいけない

恐怖を克服するには、その恐怖の元へ行かなくてはいけない。それもいますぐ。

 

お盆の時期は警戒していて、暴れる人がいたり、寝ない人がいたり、「23時に出発するんで、お金払わないでいいですか?」って人がいたりする。だから余裕が必要だと考えていて、キャパ8割ぐらいがベスト。欲張っても痛い目に合うだけだ。

 

実家に用事があって夕方ライダーハウスに帰ってくると、軽トラをキャンピングカーにしている人がいた。「なぜ、ライダーハウスに?」と思った。「15年前にチャリダーで来たから」ということだ。

 

失礼だけど、最初はすごい警戒していた。異常者かもしれないと思っていた。軽トラの後部座席を改造して、キャンピングカーにするなんて頭がいかれている。きっと爆音でアッシド感満載の般若心境を流すに違いない!なんて妄想した。

 

が、話してみると実におもしろくていい人でした。本当に申し訳ございません。そもそも怪しさでは当方のライダーハウス以上の存在は少なくて、そんなところに来ていただけるのですからありがたいそんざいです。

 

diycamper.com

気になるところとして強度は?と聞いたら「大丈夫」ということです。2×4で組んで1万キロ以上走行しているとのこと。

 

そして次に気になった「車検は?」と聞いたら目からウロコ。

ジャッキアップして、このくぼみに単管パイプをかける。そして車を発進させるとただの軽トラに変身!ということでした。すごい!

「指で固定する蝶ネジじゃないと〇〇県警はゆるしてくれないんだよねー」という具体的なエピソードもおもしろかったです。

室内は広くて、十分ねれます。スプリングマットを装備しているから寝心地も最高。リアルキャンピングカーよりも寝れるらしいです。

 

仕込みがあるのに、話が面白くてついつい話し込んでしまいました。つくづくお盆時期にビビっている自分がいることを認識します。

ビビる

守る

妄想が膨らむ

よりビビる

 

というふうにスパイラってるのです。恐怖を感じたときは、その恐怖の源泉へ向かわなくてはいけない。それもすぐに。いますぐにだ。

朝日を浴びに行こう

朝日を浴びると体内でセロトニンが生成される。幸せ物質といわれる有名なものです。

 

お盆ウィークに入ってライダーハウスは少しだけ殺伐としています。それはやっぱり会社の休みを使って北海道に来ている人が多いからで、天気が晴天なら「うひょー!きてよかったー!」という空気になるのですが、天気はあいにくの雨。毎晩びっしょんこに濡れながらライダーがやってきて、ライダーハウスの片隅になんとか収まってもらいます。

昨日もそんな感じで電車居酒屋は寝台列車に。居酒屋を21時前に閉めて寝てもらいました。多少は機嫌がよくなってくれたのでしょうか?幸いにして深酒をして暴れるひともいなく、みんなでぐっすりと8月の雨の夜を堪能します。私もライダーから美味しい酒を頂戴して、ノートパソコンに向かいます。ネットを使ったよくわからない仕事、その締め切りを守るために今夜も言葉をつむぎだせ。

雨、雨、雨だ。ライダーには申し訳ないけど、雨の日はライティングがはかどる。ストレスはたまるけど、仕事がちょっとづつクリアになってくるこの作業がとても好きだ。頭がカス漬けのようになって、なにも吐き出せなくなったらあの朝を思い出そう。2週間ほど前の利尻の朝。1時30分に起きて山頂へ向かったあの朝だ。

海から天空へ突き出した利尻山。その8合目から山頂を目指す。体調は二日酔いで最悪、視界はヘッドライトと月明かり。その月明かりで山頂が見える。黒い三角、あれに登る。足元は整備されたとはいえ、ウワサに聞こえた急斜面で、確実に体力を奪っていった。

ただ、そんな苦労も山頂で朝日を浴びたらどっかにいった。青く光り始める海、空、光。全ての始まりだ。アルコールは蒸発してどっかに行き、自分の中に純粋な気持ちだけが残った。

朝日を浴びることはメリットしかない。ライダーハウスに来てくれたお客さんは、いきなり「寝ろ」といわれて憤るかもしれない。居酒屋を逃げるように閉める。とにかく、盛り上がりすぎないようにしなければいけない。寝られることがライダーハウスの価値だ。それ以外は添付だ。

頂いたお金以上の価値を提供したいと思う。それは私の作ったぼろい施設でも、ネットで調べたレシピの料理でもなく、寝ること。良く寝て、早くに起きて、朝日を浴びてもらうこと。

 

この世はボーッとしてる人から搾取するようにできている

「あの仕事したいです」といっていたライダーが面接に行き、採用され、そして「やっぱりやめます」と言った。どうして?と聞いたら「お金がなくなっちゃいそうなんです」ということ。

仕事って「やっぱやーめた」と言うのは許されるのでしょうか?

 

しばらく考えて「あ、許されるんだな」と思いました。労働基準法とか先人が頑張って勝ち得た権利が我々にはスライドして与えられていて、それを行使することは基本的な権利であるのは間違いありません。だから合わないなと思った仕事はとっとと辞めちゃうのが現代のセオリーで、より時給が良くて将来性があって福利厚生がしっかりしている職を求めるのは当然のことと言えるでしょう。そうしないとブラック企業が蔓延して、ウツになって自殺する人が増えます。日本人の気質として「石の上にも三年」とかはいまだに残っていて、かつ社会性を大事にするお国柄だから「悪いのは会社でなく自分、だから限界まで頑張ろう」というヤバイ思考になるのは避けられません。

でもな、と思います。

時給、福利厚生、年間休日日数なんて数字はあくまで参考にしかならなくて、その仕事の大事なところって「納得できるか」だと思うのです。俺の人生はこの仕事をするってことでいいのか?と問いかけて「これでOK」と答えが帰ってくるものにこそ価値があります。この前農業やってみたいという男を農家さんに連れて行ったのですが、そこで農家さんいわく「時給でいくらというバイトをしても何もわからない」ということでした。単純労働を金でやってもらっているだけ、そこに学びや成長はなくてそんなことをするってことは自分の人生を切り売りしているだけ。ということ。傍で聞いていて「そうだよなあ・・」と思いました。

「いくら文明が栄えても、結局はドレイが必要なのだ!」と漫画版のナウシカは言った。それはまさに我々のことだ、基本的な人権や労働基準法が整備されても、社会は格安で単純労働を繰り返すドレイを求めている。時給2000円だろうが仕事に納得できなければそれはドレイだ。ボーッとしているとそこに気づかない。仕事の選択はとても大切なことなのに数字に騙されてしまう。「探し続けなさい、そして見つけたのなら長く続けるんだ」スティーブジョブスは言った。とにかく自分に合う仕事を見つけなければいけない。それもなるべく早く。ボーっとしてる暇はないのだ。

 

毎日がありがたい

お盆が近いです。それは連休とったライダーが北海道にやってくる季節でもあります。ありがたいことに蜂の宿にも多くのライダーがいらっしゃってくれます。

 

 

ナイーブ。2年ほど前にやってきて、普通に働いた後「会社が沈む前に」やめて北海道へ帰ってきました。「農業に興味があります」というのでMZさんのところに連れていきます。まあ、働くかもしれないとのこと。

 

hatinoyado.hatenablog.jp

 

 

ゼルビスのエビさん

f:id:hatinoyado8:20180811220829p:plain

刀400を見て「やべえ!刀最高!」というけれど、youのゼルビスも相当ですよ。

 

刀400の女の子

「兄が乗っていたのを50万でオーバーホールしました」ということです。漫画から出てきたようなキュートな女性ライダーで、彼女がいたここ数日はライダーハウスがいい香りに包まれてました。普段は汚物の匂いがします。

 

 

 

 ヒデさん。今年もおみやげを持ってきていただいて、ありがとうございます。みんなでシェアしながらナイーブから借りたDVDを見てました。ベア・グリルスのサバイバルの番組で「あれはねーわ」とか「意味が分からない」とか「仕込みすぎでしょ」と突っ込みつつも最後まで見てしまう魔性の番組です。おもしろかったー!

 

居酒屋をやすんでカレーの日。いただいた分をお返しできているのかわからないけど。とにかく毎日がありがたい。