ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

キツイ事があって当然

ふたつ良い事さて無いものよ

と、故河合ハヤオ先生は言った。いいことはあまり続かない、悪いこともそう。

 

買ってまだ1年しかはいていない登山靴が死んだ。まあ、しゃあないので新しいのを買おうと旭川へ。手ごろな靴が安売りされていたから迷わず購入した。

 

そもそも死んだのは沢登に行ったから。実に最高の沢だった。ここら辺でもバランスが取れていると思う。二つ良い事続かない。当たり前だ。

 

ついでに沢靴も新調した。カヤックシューズとしても使えるからこれは必要な経費なのだ!と自分を言い聞かせて買った。

 

帰る前にスーパー銭湯にいった。背中がなぜか痛い。毎日遊びすぎているからだろう。ゆったりと漬かって、ぐっすりと寝た。外に出てバイクのところに戻るとヘルメットが無かった。

 

周囲を確認するけど見当たらない。どうしよう?少し考えたけど、買うしかない。

 

近くのトライアルまでバイクを押す、だが無い。しょうがないからホームセンターまでいく、あった、が、頭のサイズがまったく合わない。そのまた遠くのバイク屋まで行く。さすがにラインナップは豊富だけど高い。でもバイクを置いて美瑛までJRで帰る時間と無駄な出費が気に食わないし、ここで買うのも何かの縁だから買ってしまった。

 

新しいヘルメットで美瑛に帰る。トイレに行くと水の流れる音がする。だれかが水を出しっぱなしにしていたようだ。数時間の水道代のことを考えると恐ろしい。

 

さすがにすこし凹んでしまった。でも考えるな、感じるのだ。何かが変わっていくときってこんなもんで、そこには必ずミスやキツイ事がある。

 

そろそろ夏が来るのかもしれないなと思った。楽しいこともきついこともいっぱいある夏が。

 

 

エクストリームジンギスカン

とても天気のいい日で

幸せだな

生きてるって感じがするな

と思いながら歩いていました。

終わって夜、居酒屋で打ち上げをしていると女性のお客様1名。

2年前に東京から移住してきた人で、東京でライターをやりきった後、美瑛の飲食店で働きながら好きなことをしているとのことです。

「美瑛っていいところですよね」

と言い合ってました。

ダークソウルをクリアするかニジマスを釣らなければ出発しない男

住職(あだ名)とサーファーのワタローくんとカヤックにいってきました。

 終了後、彼らには釣りをしてもらって、カヤックを回収する作業をしてました。

上裸の釣り人2名。

釣れた?と聞くと「一匹釣れました!」とのこと。彼はワタローくんといってサーフィンしながら自転車で日本一周している旅人です。

もう一人の住職はテンカラ釣りといってハイレベルな仕掛けでやっていたのか、ノーフィッシュでした。相当悔しかったのか「旭川の釣具屋まで行ってきます」と仕掛けを代えてでも釣り上げたいとのこと。

 

ニジマス釣るか、ダークソウルをクリアするまで出れません!」

 

といっていたので

 

「こりゃ相当沈没するなあ・・・」

 

と思っていたら、今日、裁判傍聴から帰ってきたら「釣りました!」と笑顔でした。

 

良型。

f:id:hatinoyado8:20180618232228p:plain

hatinoyado8.hatenablog.com

 

ぶっちぎりのコンテンツを作ること

昨日は朝4時起きで山に行き、それから帰ってきて仮眠をとりました。居酒屋は忙しく、終わったのは0時ぐらい。泥のように眠ります。

朝起きても体が重い。でも天気は最高なので何かをやりたい。そこでドローンツーリングをしてきました。

川釣りのポイントをライダーに教えた後、テキトーに走り回っていたら面白い場所を発見。いろいろさまよっていたら、よくわからない道に迷い込みました。

美瑛にきて10年近くになりますが、いまだに近所で道に迷うことができるこの町は最高です。丘の毛細血管のような道を通ってかえってきました。

こんなことがいつまでできるかわかりません。でもとにかくぶっちぎりのモノ(と自分が思っているもの)を作り続けたい。それは誰かの評価をもらいたいからやるのではなく、やらずにはいられないからやるのです。