ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

カブ2018モデファイがカッコいい

こんなカッコいいカブは見たことがない!と衝撃を受けました。

honda super cub

http://www.beautifullife.info/automotive-design/honda-super-cub-retro-bike-2018/より

タイのK-speedというパーツメーカーのパーツを使ったモデファイらしいです。

f:id:hatinoyado8:20180119231238p:plain

げ・・芸術品

retro bikes

f:id:hatinoyado8:20180119231337p:plain

「お値段いくら?」と調べてみたのですが、タイ語なのでちんぷんかんぷんです。そこで紹介しているサイトを調べたらわかるかなあ・・・?と探します。

http://www.beautifullife.info/bike-design/

バイク以外にもいろいろ載ってます。デザインの紹介サイトみたいですね。

http://www.beautifullife.info/about-us/

じゃあ、やっぱりK-speedの作品なのでしょうか?これ日本で受注生産したら50万でも売れるでしょう。手間もそれぐらいかかりそうですが。

エンジンを黒マットにカラーリングするあたりが難しそうですね。

 

それからレッグガードにある「Diablo customnorke」という文字を検索しました。ですがそれらしいサイトは発見できず。いったい誰がこのカスタムカブを作ったのでしょうか?知っている人がいらっしゃったら小声で教えてください。

 

カブカスタム屋さんだれかやらないかな?やっても儲からないか、カブのりって全部自分でやるからなあ。

 

※※※

 

今日の気づき

 

朝から淡々と作業してました。クライアントさんからのKWを元に文章の骨子を作成するのですが、問題が難しいとどうしても作れなくなることがあります。

そのような時は頭がほっかほかになってくるのが分かるので、エネルギー(糖分)を補給するか、休憩します。そしてまた問題に向かい合います。

2時間ぐらいうなったところで、またオーバーヒート。結局編集担当者に質問しておきます。その間にモーガンフリーマンの「時空のかなたに」という番組を見ます。量子力学の世界では離れた空間という認識が常識とは異なるらしいです。さらに、観測カメラを増やすことで結果が異なることもわかっているらしい。

すごい、よくわからないけどすごい。これを使ってミステリーを作れるなと思いました。シュレディンガーの猫殺人事件。そんなくだらないことを考えていたら返信「確認しておきます」ということでした。忙しい所申し訳ない。

私が思うに世界は適当にできていて、人間の努力でそれは整理されています。エントロピーの縮小です。ばらばらに散らばったものの中には、正しい形というものがないのがあります。でも、その正しい形を求めるようにと言われるのです。

「きっと正解があるはずだから」

と誰かは言いますが、そんなことはありません。もしあるとすれば

「あなたは間違っています、これに正解はありません」

と答えるのが正解なのです。

例えば郵便局を辞める時に母親にすごく反対されました。私は「でも悪いことはできない」と答えても「そんなはずはない」と言われたことがあります。

イチから説明することは不可能です。だからここに答えはありませんでした。もやもやっとした気持ちを抱えるだけでしたが、この記事をよんでひざをポンッとたたきました。そうそう、そうなんだよね。

就職相談をするのに、親ほど不適任な相手はいない | More Access! More Fun!

答えは無いかもしれないことがある。できるのは自分で考えてわからなかったら放り投げること。いつまでもこだわるのはエネルギーのムダである。と思いました。

 

広告

 

 

えんぴつのような仕事をしたい

何かを書くのに一番シンプルなのはえんぴつです。そんな仕事をしたいと思っています。

f:id:hatinoyado8:20180118215144p:plain

私はボールペンをよく無くします。ボールペンは仕事に必要で、文章の材料を集めているときにもよく使います。ほしいときにボールペンがないのは嫌な感じがするもので、自分のそそっかしさに腹が立ちます。

今日、仕事が終わってえんぴつを買いに行きました。えんぴつなら無くしてもダメージは少なく、インキが詰まることもありません。ナイフを使って削るのも好きな所作です。

「そういえば図工が得意になったのもえんぴつ削りを褒められたからだな」てくてく歩きながら思い出します。1月の雪にむせ返りそうになりながら、30年前の出来事に思いをはせました。私はえんぴつをナイフで削るのが上手い少年でした。うっとりするほど美しく強い芯を露出させる才能があったのです。(30年後にその才能は謎の爆発を起こし、怪しいライダーハウスを作ることになります)

えんぴつをナイフやカッターで削る作業は精神を統一させる効果があります。それは書道の所作にも通じるものです。正座をして、墨をこする作業は精神を統一し芸術の発露に必要なものです。

それはWebライターにもいえるでしょう。ひとみしょうさんは「朝起きたら文章の神様に手を合わせる」事から仕事を開始します。

www.lancers.jp

使う道具は筆ではなくキーボードですが、私には同じ行程に思えます。自分の肉体を消し、文章の向こう側に意識を飛ばす。それには人それぞれの段階と準備と所作があるのです。

はえんぴつを削ろうと思いました。限りなくシンプルな機能、インクが詰まることなく書ける安心感、無くしてしまってもかまわないという空気感。どれも私の目指す仕事そのものです。

えんぴつのようなシンプルな仕事をしたいです。限りなくシンプルな文章で、誰でも理解できる安心感のある文章。ライターの存在すら意識されない、簡単に読めて意味の入ってくる文章を。えんぴつのようなシンプルな美しさを目指すのです。

 

※※※

 

「しっかり!まとまった!文章をかく!」著:前田安正を読みました。

文章力本の中でも評価の高い一冊です。この本を元に今日のブログを書きました。

元は「鉛筆を買いに行った」という文章を膨らませました。「なんで?」をぶつけて膨らませていく方法です。

「ボールペン無くしたから」「なんで?」「鉛筆好きだし」「なんで?」「削るの上手いんだよね」「どうして?」「手先が器用だから」「何か得した?」「ライダーハウス作った」「どうしてボールペンじゃないの?」「書道の精神がすきなんだよね」 

「あ、なんか言いたいことできてきた」

「何が言いたいの?」「鉛筆のシンプルさって文章につなげられる」「どうやって?」「安心感とか、安い所とか」

それに説得力としてひとみしょうさんのくだりをプラス。「感動は比較から生まれる」ってことでボールペンとえんぴつを比較しました。

良書です。ブログに書くことが無くて困っている人におすすめ。

広告

 

 

 

 

死にたくないならバイクに乗らなければいけない

日光浴の効果はバカにできない、だから車よりもバイクに乗るべきだ。

f:id:hatinoyado8:20180117212051p:plain

1月の北海道は雲に覆われています。今日は久しぶりに青空がのぞきました。嬉しかったです。

冬の北海道の日照時間は短くて、寒いから屋外にもでない人が多いです。ウインタースポーツを楽しんでいる道民は少数派と言っていいでしょう。みんなストーブの前でぬくぬくしているのが好きです。

参考:体内で必要とするビタミンD生成に要する日照時間の推定 -札幌の冬季にはつくばの3倍以上の日光浴が必要-|2013年度|国立環境研究所

その結果ビタミンDの生成ができなくなります。人間には日光浴が必要で、太陽を体に浴びることで人体はビタミンDセロトニンをつくります。ビタミンDは骨を作り、セロトニンはメンタルにも影響します。

参考:ビタミンDだけじゃない!日光浴4つのメリット | Rhythm (リズム)

例えばカナダやアラスカの大自然にあこがれて、冬に気が狂う人がいます。「キャンプ・フィーバー」といいますが、長い冬の間家に閉じこもるのは精神的にくるってしまうことがわかるでしょう。

去年まで働いていたたまねぎ工場もその影響があったとおもいます。ただでさえ青空のない北海道の冬、うすら寒い工場の蛍光灯の下で単純作業に励みます。私の部署は15分休憩で外に出られますが、そうでない部署は大変です。

数日その部署に手伝いに行ったのですが、次第にポジティブな思考が奪われ行くのを感じました。減菌室という密室であることも影響して、8時間働いた後はかなりストレスが残っていたのを思い出します。

 

その逆の例として郵便配達があります。1日中アウトドア、運動、そして一人でやる仕事です。上層部からのプレッシャーは年々厳しくなっていき、私の時給も年々下がっていきましたが、とても朗らかな職場でした。

行かなくなって3年が経過しましたが、いつでも戻ろうと思えば戻れます。何食わぬ顔をして復帰できるでしょう。

 

人間には日光浴が必要です。だから移動手段は自転車かバイクにするべきです。温泉に行ったら露天風呂に入るべきだし、インターネットは外でやるべきです。

映画やアニメは外で見ましょう。我々はそのツールをすでに持っているし、そうするべきであると断言します。麻雀も外でやりましょう。酒も外で飲みましょう。やってはいけないのはわいせつなブツを陳列するぐらいで、みんなで外に出るべきです。

外に出て、セロトニンをがっつり生成して、ガッハッハと笑うべきです。そのためには車ではなくバイクに乗らなければいけない。バイクじゃないとダメなのです。

車のハンドルを握りながらそう思いました。フロントガラスでトリミングされた冬の北海道の青空は美しかったです。

今週のお題「体調管理」

広告

 

 

 

 

自転車やバイクが高齢者ドライバーから身を守る方法

誰だって認めたくないものがあります。プライドの高い人ならなおさらで、彼らに事実を認めてもらうのは大変なことです。

 

13日、東京で認知症のドライバーがバイクと接触する事故がありました。命に別状は無いということです。

「認知症」男性の車がバイクと接触事故(FNN)

このところ高齢者ドライバーの事故のニュースが頻繁に流れています。9日の前橋の事故では自転車に乗った女子高生2人をはねたニュースがありました。加害者は認知症で立件は難しいようです。

【前橋女子高生重体事故】85歳男を鑑定留置へ 心身に問題か - 産経ニュース

 

旅人が事故に巻き込まれることもあります。せっかくのロングバケーションを通院と保険会社との交渉で消耗してしまうのは実にもったいない。事故には万全の注意を払う必要があります。

それでも前橋の事故のように一方的な被害者になる可能性は必ずあります。予防できるものでも避けきれるものでもありません

走行する車のエネルギーはとても大きいものです。そのエネルギーの前では自転車やバイクは一方的にやられてしまうでしょう。交通弱者という存在です。

では実際に事故にあった時、自転車やバイクはルールや法律で守られるのでしょうか?どうやらそうでは無いようです。

 

世の中にはゴネる加害者がいます。そして加害者の言うことを聞く損保会社があります。彼らを相手にするのは絶望的に疲れることで、やってられるものではありません。

そこで良く言われるのが「一定の年齢になったら免許を取り上げるべきだ!」という論調です。効果はあるでしょうが現実的ではありません。なぜなら老いというものに個人差があるからです。

いったい老いはいつから始まるのでしょうか?そもそも老いってなんでしょう?ここで社会学スティグマという考え方を紹介します。

六つの「老人の神話」

アメリカの精神科医で、一九六九年に年齢差別・老人差別を意味する「エイジズム」(agism)を最初に使用した人として有名なロバート・バトラー老いに対する六つの偏見を「非現実的な神話」として提示している▼7。
(1)加齢の神話――年をとると思考も運動も鈍くなり、過去に執着して変化を嫌うようになるという偏見。じっさいには個人差が大きい。
(2)非生産性の神話――老人は幼児のよう自己中心的で、生産的な仕事などできるはずがないという偏見。しかし、地域社会へ貢献していることは多い。
(3)離脱の神話――老人は職業生活や社交生活から離脱し、自分の世界に引きこもるものだという偏見。
(4)柔軟性欠如の神話――老人は変化に順応したり自分を変えたりできないという偏見。じっさいには、年齢よりも性格構造によって異なる。脳組織の損傷などがなければ、人間は最後まで成長しつづける。
(5)ボケの神話――老化するにつれてボケは避けられないという偏見。老人も若者と同じようにさまざまな感情体験をしている。たんなる物忘れとボケはちがう。ちなみにボケは病気であって出現率は数パーセントにすぎない。
(6)平穏の神話――老年期は一種のユートピアであるとみる偏見。しかし、じっさいには、たとえば配偶者との死別による悲しみのように、老人はどの世代よりストレスを経験しており、そのため、うつ状態・不安・心身症・被害感情をもつことがある。

 「他者のステレオタイプな反応との関係がスティグマという現象なのである」

社会学感覚20スティグマ論 – ソキウスより

 

 

老いを認めることは難しく、他人もそれを判別することはできません。前橋の加害者は認知症のテストをパスしていますし「これができなかったら老人認定」という基準を設けることは不可能です。

 

個人が自営できることはないのでしょうか?考えられることは3つです。

1.近づかない

高齢者が運転する車には極力近づかないほうがいいでしょう。ですが一方的な被害者になることは避けられません。

2.ブレーキサポートの車を買い与える

資金力がある人限定です。実際には資金があれば運転する必要もなくなるでしょう。タクシーを使えばいいだけです。だからすべての高齢者にブレーキサポートの車を与えるのは現実的ではありません。

3.プライドを傷つけないように免許を返納させる

高齢者ドライバーの事故対策としてNHKなどでいっていました。現実的ではありません。高齢者ドライバーは必要だから乗っています。

4.ネトゲ廃人にする

この社会問題の解決には自動運転の車かインターネットの力が必要です。現実的な案としてネトゲ廃人にすることがいいのではないかと思います。

高齢者のボケ防止に人気なのが麻雀です。私は居酒屋のお客さんの50代の人に天鳳という麻雀サイトを教えたことがあります。何度も朝が来るまでやっていました。

ネットを使いこなせば日用品も買いに行く必要が無くなります。病院にもネットを通じて往診するシステムができています。薬が必要な人にドローンで配達する試験も行われています。

 

ネットがあれば運転がいらない社会を作ることができます。交通ルールは老いには無力で、自分の身は自分で守るしかありません。

高齢者へのネット依存をもっと推し進めていくべきであると思います。そのためにはネットゲームを高齢者向けに開発するべきなのではないでしょうか。

そして、高齢者がネットゲームにハマるはずかない!というのはスティグマです。「ときめきメモリアル介護施設の木の下で」とか「実況!パワフルプロ野球V9」とか面白く作れないかなあ。

広告