ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

冬は車よりバイクのほうが便利

冬になり氷点下の気温になってきました。

北海道美瑛町は内陸性の気候で、標高も高いです。気温は道東の内陸部と同レベルの寒さ。当然車のフロントガラスは凍ります。それをなんとかしないと、車を動かせません。

冬は車を動かすための儀式が必要になります。フロントガラスの氷をはがす、積った雪を下す。エンジンと室内を温める。フロントガラスの内側の氷を解かす。10分近い暖気が必要なこともあります。

去年までは車をもっていなかったので、このような儀式は不要でした。その代わり長距離の移動ができません。バイクでは片道10kmを超えると、ちょっと移動をためらってしまいます。

 

つまり、どちらにも一長一短があるということです。冬のメリットデメリットをあげていきましょう。

メリット

・長距離の移動ができる

・転ばない

・暖かい

・夜でも移動できる

・やろうと思えば車中泊もできる

・世間の目が気にならない

・厚着をしなくてもよい

バイク

・暖気があまり必要ない

・フロントガラスが凍らない

・燃費

・駐車場所を探さなくてもいい

・軽い

・路面のコンディションが分かりやすい

 

デメリット

・暖気に時間とガソリンがかかる

・視界が悪くなることがある

・重いので慣性エネルギーが強い

・駐車場を探すのが大変

 

バイク

・寒い

・コケる

・顔面が凍ることも

・オイルに気を遣う

・世間の目が冷たい気がする

 

使い分けしよう

近くのコンビニや出勤など、移動距離が5kmもないのならバイクのほうがメリットがあります。厚着が必要になりますが、車を温める儀式に比べれば軽いもの。たった5分の移動のために10分も暖気することはありません。

エネルギーと時間のムダを省くには、原付2種というかカブが最強です。チェーンをまいたり、スパイクタイヤを履けば十分町内を走り回ることができます。晴れた日はツーリングも可能です。

ちょっとの移動のために、ガソリンをもうもう炊くことはありません。冬は車よりもバイクのほうが便利なのです。

家電量販店より価格コムのほうが高い

タブレットが生活に欠かせない。そんな人は少なくないでしょう。私もそうです。

2年前に買ったASUSのZENパッドが壊れました。かれこれ3代目のタブレットです。機能的に問題なく、多くの時を過ごしてきましたが、内部ストレージがもう限界。設定からアプリのストレージをクリーンにしたり、いらないアプリをアンインストールしましたが、どうも終わりが近いようです。

そして、いま使いまくっているsurface(2年前にユダ中から2万で買ったヤツ)も不具合が出始めてきました。こればっかりは私の持ち運びが悪かったと思います。surface、よいタブレットPCです。

仕事のためにもノートPCは欠かせません。そこでタブレットにキーボードを付けて持ち歩くことを考えました。win10の格安ノートも持っているのですが、こちらはOSのバージョンアップを受け止められずに停止したままです。win10め・・・・、いつかubuntuをぶち込んでライティングマシンとして復活させる予定です。

 

まあ、そっちは趣味的なこととして、仕事のためのタブレットを検討しています。旭川に100万ボルトという家電量販店があるので行ってきました。ネットと違って、実際に重さやグラフィックを確認できるのがいいですね。

そして、知らないメーカーを知ることができるのもメリットです。

z301m-db16

最初のタブレットASUSのnexus7で、それが名機でした。格安なのに、ここまで動くのかと感動した覚えがあります。その流れでASUSファンになりました。

これも10.1インチの大画面で、まるでノートpcです。abemaなどを見るのに楽そう。そこそこ厚くて、重量感があるのも好印象です。

mtwn1003

マウスコンピューター

マウスコンピューター - Wikipedia

日本のDOS/V機などを組んで売っていたメーカーが元らしいですが、売上1000億円のグループの一部なんですね・・知らなかった。

タブレットPCで35000円の低価格が魅力的でした。が、WIN10はおっかないのでスルーします。買うなら今使っているsurfaceと同じwin8.1にするかも。

za2j0039jp

触った感じ、一番の好印象でした。lenovoは今まで縁が無かったのですが、2万と安いし、財布に現金があったら買ってしまったかもしれません。

 

展示していなかったけどほしくなったもの

ファーウェイのメディアパッドです。価格はこちらも2万ほど。いろいろ検索しても、これが最強のコスパかと思われます。

ASUSUから浮気するなら、ファーウェイかlenovoかと思いました。ただ、残念なことに、100万ボルトの展示にはなかったのです。実物見たかったなあ・・・

 

家電量販店より価格コムが安いってのは思い込み 

家電量販店「100万ボルト」のタブレット売り場の目の前で、価格コムを検索するという行為をしていて気づきました。

「絶対にネットのほうが安いってほどでもない」

ことに。むしろ、機種によっては家電量販店のほうが安かったです。

両方の価格差は1000円無いほどなので、初期不良を掴んだ時のリスクを考えれば、実店舗のほうがメリットがある場合もあるでしょう。

憐れむな下げずむな

自己憐憫は行き止まりです。そこから生まれるものはありません。

 

自分を下げて、憐れむことは弱者の暴力です。私はこんなにかわいそうなんだから、愛でろ!と主張すること。それが心の底にあるから自己憐憫をしてしまいます。

 

そして、自己憐憫している人にかまうのはエネルギーの無駄です。距離を取るか、バカにするのがいいでしょう。ほっておくと、無遠慮にこちらの時間とエネルギーを奪っていきます。相手にとって、それは「かわいそうな私の当然の権利」だからです。

 

冬の間郵便配達の契約社員をしていた時、そんな人に出会いました。彼は私と同じくらいの年齢のおじさんです。背が高く、シブイ見た目に恵まれた人でした。

ただ、彼の中身は全然シブくありません。高校生ぐらいのままで止まってました。話す内容はジャンプの漫画。仕事の話をすると「いいなーできるひとは」と言います。

幸い郵便配達は個人プレーの仕事なので、距離を取って観察すれば被害はほとんどありません。「今日はどんな珍奇な言動を見せてくれるのか!」とワクワクしていたこともあります。

 

それから、冬の郵便配達を辞めて、数年たちました。youtubeテレフォン人生相談を聞いていたら「ああ、彼はそうゆうことか!」と納得したのです。

 

つまり、あの人は、救いのない怒りを誰かにぶつける根性がないのだ。

その怒りの表現として、自分を憐れんでいる。

なんて救いようのない男だ。

 

怒りを感じたら、誰かにぶつけるか、自分の行動エネルギーに変換するべきだ。憐れむな、下げずむな。「かわいそう」を表現している人は、本当にかわいそう。

 

※※※

 

人の行動心理を学ぶことができるテレフォン人生相談、本当に面白い。「なぜ、あの人はあんなことをするのか?」が理解できれば、その人を許すことだってできる。youtubeでいっぱい落ちているからオススメです。

ほぼネットの情報だけで土地と家屋の相続の手続きをしてきた

ググればなんでも調べることができる時代です。法務局へ提出する書類だって素人で作ることができます。ただ、いきなり100点満点は不可能で、一度は法務局の職員と相談しないといけないでしょう。

じゃあ、ネットで調べるメリットは無いのでしょうか?

そんなことはありません。0→100よりも、95→100のほうが簡単です。ネットで95点ぐらいの書類をそろえることができたので、残り5点をぱぱっとやればその日のうちに再提出、かなりの労力を節約できました。

その経験を書いていきます。

f:id:hatinoyado8:20181204220323j:plain

提出するべき書類

登記申請書:ネットでひな形をダウンロードして作ることができます。難しい書類ではないのですが、完成させるには法務局で登記証明書をゲットいないといけません。

住所コードや登記された正確な地番や地積や床面積など、すべて登記証明書の通り記載します。法務局に行って、端末を操作すればあっさり発行できます。

 

遺産分割協議書:家族で仲良く話し合いましたよ!という書類。これもひな形の通り書けば問題なし。相続権のある人の住所と名前と印鑑が必要です。

そして印鑑は実印、同時に印鑑証明書と戸籍謄本(もしくは抄本)が必要になります。「この人は生存していて、ハンコも間違いないよ!」の証明だからです。

相続権がある人の数だけ、同じ書類を複製することになっています。ただ、モメることがないのなら1枚あればOKとのこと。

 

家族関係の表:これを提出すると、書類が返却されるらしいです。一応提出しました。

 

委任状:法務局に行く人への委任状です。ひな形から作りましょう。

住所と名前とハンコが必要ですが、これは相続する人のだけでOK。

 

住民票:被相続人(死んだ人)と相続人の住民票が必要になります。ここ、ネットの情報ではあいまいだったので、すこし苦労しました。

家屋の登記された住所と、謄本の住所にやや食い違いがあったのです。旧住所というやつです、郵便配達ではよく苦しめられました。

市役所で相談したところ、附票という住民票に付随した書類を提出することでカバーできたと思います。

相続権のある全員の謄本、抄本:上でも書きましたが必要です。結婚して抜けている人などがいれば、早いうちから取っておいてもらったほうがいいでしょう。私は姉のをうっかりしていました。近かったのですぐ発行してもらいました。

 

全員の印鑑証明:上記の理由より。貯金相続でも使うので、1部は取っておきます。返却してくれるから使いまわします。

被相続人の生まれてからの住民票(除票):貯金などでも必要になる書類です。住所が変わった場合など、さかのぼって取得しなければいけないので、人によってはキングオブめんどくさい。貯金で使った後は返却してもらえるので、先に片付けておいたほうがいいでしょう。

 

名寄帳、なんとか証明書:市役所で発行してもらえるものです。

 

実際に法務局に行く回数とやるべきこと

法務局には複数回行かなければいけません。なるべく最短で済ますには

1回目:登記申請窓口で「不動産相続の書類のひな形をください」という、そして登記証明書を発行する。発行するには、名寄帳がないと難しい。あらかじめ市役所でもらっておくといいでしょう。

 

2回目:予約を入れて職員と相談します。「ネットで調べて、できるだけ書類をあつめました」と言えば割とスムーズ。訂正する箇所はすぐに訂正してくれ、足りない書類は付箋とマーカーで教えてくれます。「じゃ、あとは提出するだけだから」という状態まで持っていきます。

 

3回目:提出。

 

4回目:問題がなければ、書類を受け取りに行けます

 

という、最短4回です。

 

自分のケース

何もわからない状態で、登記窓口へ。「何をそろえればいいか教えてください」というと、苦い顔をして紙束をくれました。それが分かりにくいったらもう!結局ネットでひな形を検索し、自分で作りました。

各書類をあつめていくと、登記証明書の発行が必要と分かりました。なので2回目の法務局訪問。

書類がなんとなく完成したので、法務局へ。予約の電話を入れたのですが「2日後まで埋まっています・・・」とのこと。うーん困りました。早く終わらせたいです。

そこで仮説を立てます。相談の長さは相談者によってさまざまなはずです。なのであらかじめ余裕をもって枠をとっているはず。その隙間に入り込む作戦で行きました。

法務局に行き「あ、いつまでも待ってます。相談できなくても大丈夫です」と言って、長期戦の構えを取りました。文庫本を開いて、20pぐらい読んだ時でしょうか。一人の相談者が「私、この人じゃイヤ!」と別の職員を指名しました。

なんども相談に訪れているのでしょう。スルーされた職員の枠を私がいただきました。その職員が嫌われる理由はなんとなく伝わってきました。

口調がフランクです。ため口キャラのおじさんです。白眉が教授っぽい感じ。私は教えを乞う生徒のように話を聞きました。「んまあ、だいたいできてるよ」と言われ「あとは、この書類とこの書類をくっつけて、窓口に提出すればいいから」と100点への道を教えてくれます。

幸いまだ午前中だったので、急いで足りない書類をあつめました。姉の抄本はスマホ自治体のサイトから委任状をダウンロードして、セブンイレブンコピー機で印刷します。それに署名ハンコ貰ってOK。

それから実家に車を走らせて、100点の書類束にしました。間違いがあれば、私に電話がかかってくるはず。なければ、3日後に書類を取りに行って終了です。

 

まとめ

 

ネットの情報で100点の書類は難しいです。が、細かなミスは現地で修正してくれるので、提出する書類がそろっていればスムーズに事が運ぶでしょう。

法務局は堅苦しいところかもしれませんが、職員はどこか「書類の研究者」といった風情です。ネットで勉強しておけば、恐れることはありません。