ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

シンプルなルールほど美しい

法律や条例、常識や空気、校則から家訓、ライダーハウスのご利用案内まで世界はルールであふれている。実に息苦しい。

息苦しいが仕方ない一面もある。人はほっておくと自己の利益をMAXにさせようとする。今朝の新聞でも耐震対策のメーカーが15年もデータを改ざんしていたと報じられていた。かかわったのは1人ではないだろう。

今年傍聴した殺人事件でも「いまでも悪いことをしたとは思っていません」と被告がいっていた。ルールなしではこの世は危険だ。もしルールのない完全な自由な世界に行けたのなら、まずは拳銃とたっぷりの弾薬が必要だ。

hatinoyado8.hatenablog.com

 

サカツメさんのブログで野田ともすけの「ルールに対する考え」のようなものが紹介されていた。野田さんはカヌーをする人なら知らない人はいないパイオニアで、とにかくルールが嫌いな人だ。「ここでキャンプをしてはいけません」という公務員を川にブン投げていたという。

世間体を捨てると楽になる。 - いばや通信

ブログでは「人を縛ろうとするのは弱い人間のすることだ」とバッサリしていた。野田節全開である。強い人の言葉だ。

 

我々は弱いからルールで武装するしかない。常識や空気を読んで生きるのが得策だ。もしそれが嫌なら、自由を求めるなら強くなければいけない。心の中にコルトバイソンを、0.1秒で発射できるところに置いておかなくては駄目だ。

耐震偽装は社員の一人が「おかしい」と声をあげたことから発覚した。強い人だ。上司や取引先や同僚やその家族へ向けて心の銃を撃ったのだ。

ルールに関して、とても好きな逸話がある。それは北大の前身である学校を創設するとき、道民はクラーク博士に校則案を見てもらった時の話だ。

まだ教育なんて金持ちの道楽に近い存在だった時だ。あれをするな、これをするなと校則はとても細かく設定されていた。博士はそれを全部投げ捨てて「これだけでいい」と言った。「紳士たれ」とても強く、美しい言葉だ。

紳士とは自分の正義を実行できる人であると思う。誰かが困っているのを助ける、集団でおこなわれる不正義にNOという、それらの行動ができる人を紳士と呼ぶのだ。

シンプルなルールほど美しいと思う。それをいつでも取り出せるように、0.1秒で発射できるようにしておきたい。

 

 

 

コルトプラスのエアコン切り替えスイッチ動作不良を分解整備した

今年の4月に買ったコルトプラスのエアコンがおかしい。

フロントガラスの曇り止めをしなくなったのだ。

 あきらめて整備工場にお願いしようと思ったら「グーグルでこんなページあるよ」と兄に教えてもらった。

それをもとにできるだけやってみることにする。

マイナスドライバーで真ん中を開く。

すると3つのネジがでてくるので外す。

外したら両サイドのカバーを外すことができる。

ネジを外していき、エアコンのコンパネを出した。

あー、やっぱりワイヤーが曲がってるっぽい。

ワイヤーをペンチでぐりぐりするけど治らない。

そこで本体側をいじってみることにした。

ハンドルの下部分を外して、ワイヤーのつながってる先をみる。

ワイヤーがつながっているところは、何個かのプラスチックのパーツがつながっていた。この部分の抵抗が大きくてワイヤーが曲がってしまったのかも。

手でガチャガチャとまわしていたらガクンと大きく回った。

もしや?とおもってエンジンを回したらエアコンが曇り止めのところから噴出した。どーやら治ったっぽい。グリスを噴射しておく。

あとはできるだけ慎重にもとに戻していった。ワイヤーを交換したわけではないので、またおなじ症状がでてくるかもしれない。まあ、冬の間はこの位置で動かさなければ大丈夫。

 

工賃を払わずに済んだ。それにキカイの仕組みを理解して、元に戻せたというのが気持ちいい。

冬の仕事(ライター)を探してます

夏の仕事である居酒屋とライダーハウスがひと段落しました。

ホームを実家に移しつつ、冬の仕事を探しています。

3年前から取り組んでいるライターの仕事。少しづつ進歩していると思います。まだお小遣い程度しか稼ぐことはできませんが、まだまだ辞めるつもりはありません。具体的な進歩として、夏の間2か月やった仕事で9万円ほど稼ぐことができました。これは私にとってかなりの額です。

そんな1文字1円以下の単価の仕事をこなしつつ、次のレベルへ行きたいと思ってます。それは専門性の獲得です。私の得意とするジャンルを固めて、その仕事を重点的にやりたいと考えています。

私の武器は今のところ裁判傍聴でしょう。そこで旭川を中心にした紙媒体へ「無料でいいから書かせてください」とお願いしに行こうと思っています。それがすんなり通るとは思いませんが、専門性のある実名記事を紙媒体へ書かせてもらえたらそれは強い名刺になるのです。

ただの裁判傍聴が趣味のおっさんから裁判傍聴ライターへ、それが目的です。

 

で、それだけでは悲惨なことになるので、お小遣いを稼げる仕事も探しています。ジャンルはなんでもいいのですが、やはり好きじゃないこと、得意じゃないことは書くことは難しい。

ありがたいことにクラウドソーシングには仕事の案件が大量に落ちています。そこそこ評価もたまってきたので仕事もうかりやすくなってきました。登山とか釣りとか40代男性の悩みとか。ホントは法律関係のジャンルがあればいいのですが、それはたまにしかないし、単価も高いからつわものがあつまってくるのです。

無名の私ではとてもじゃないけど合格しません。なのでとにかく仕事をし続けること。選びすぎずにやりまくること。流砂を踏み固めるように自分の土台を作りだせ。

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

金髪巨乳にアタックした彼らに敬礼

数日前に「なんかそっちに行きたいって人がいるんだけど・・・」という電話をいただいて「いつでもいいっすよ」と答えた。するとやってきたのは金髪美女2名で、日本語はまったく喋れない。電車に寝てもらって放置した。

 

ライダーハウスでマンガを読む。東京ラブストーリーを読んだ。ライダーは4名の男たちで、話題は自然と金髪美女について。そうなると健全なことに

 

「いくっすか?いくでしょ?」

 

となる。いいことだ。ナンパはコミュニケーション。しないほうが失礼な場合もあるだろう。今回もそんなケースなんじゃないかとおもう。

 

後押しする。「じゃ、いってきます!」と突撃した。すぐに撃沈して戻ってくるかと思ったら、なかなか帰ってこなかった。眠くなってきたので寝る。

 

朝「どうだったの?」と聞いたら「一緒に写真撮れました!」ということだった。実に健全でいいことだ。

 

思えば自分も彼らのころは女性に話しかけるなんてレベルが高くてできない行為だった。それが保険の営業をすることになり、仕事が一番の価値観になったのでさらに加速した。

 

が、保険の営業は女性に話しかける仕事だ。訓練しなければいけない。修行を開始した。

プールに通っておばちゃんに話しかける。

コンビニのレジで可愛い女の子と軽い会話をする。

 

「女の子に話しかけないのは失礼」と誰かが言った。間違っている、が、勇気が出る言葉だった。

 

職場の先輩に女性を紹介してもらった。失敗に終わった。

飛び込み営業、ルート訪問、集金で数々の女性と話す。

 

「女性はチ○チ○のついてない男です!」と本で読んだ。間違っている、が、緊張がなくなった。

郵便局を辞めて居酒屋のカウンターに立った。いろんな女性と話す。アル中の営業ウーマン、スナック経営の女性、どこかぶっ壊れている美女、デリ嬢、そのうちの1人が「今度紹介するわ」と女性を一人連れてきて、初めての彼女ができた。

 

「運命の相手がどこかにいて、いつか出会う」なんて嘘だ。訓練しなければいけない。そして金髪美女はメタルスライムのような経験値だったんじゃないだろうか。