ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

ドローン背負って熊の沢登ってきた

大雪山旭岳から天人峡へ流れる沢があります。「熊の沢」という恐ろしい名前の沢です。そこをドローン背負って沢登りしてきました。幸い熊には出会いませんでした。

 

吊り橋のある堰から入渓、枯れている沢をさかのぼって熊の沢に入りました。しばらく平たんに流れる沢をジャボジャボ歩きます。

左に2本支流を数えて、ローソク岩を巻いたあたりで滝のラッシュが始まりました。全体的にはナメている滝が多くて気持ちいい。ただぼーっとしてると落とし穴のような深みにはまってスネを強打してしまうので注意です。

滝ラッシュが終わったあたりから水草の群生地帯。ここらへんの深みにはウヨウヨ魚がいました。「竿出したら簡単に釣れるね」「次はもってこよう」と会話しながら登ります。

水草帯が終わって急に高度を上げ始めます。水量が少ないので直登、わっはっはと高度を稼いでいたらピンクテープが。「あれ、なにこれ?」「ここがゴールだよ」とのことです。普通に歩いて旭岳から天人峡に行く登山道と交差したのでした。

デポした車でおります。沢靴だけで登れるインスタントな沢登りでした。行動時間5時間。東川でおかめ食堂というところでおかめ定食を食べます。うまい。あまり味わったことないしょうがの効いた団子スープがなぜか懐かしい。なんでこんなにいいことあるのかな?と感謝した1日でした。「明日も行くよ」といわれ終了。