ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

ドローン背負って利尻山登ってきた

憧れの山に登ってきたら、とっても神々しかったです。

f:id:hatinoyado8:20180806122159j:plain

朝4時起床。仕事が忙しかった分、ぐっすりと寝れた。昨日オイルとタイヤを交換してガソリン満タンの車に乗り込む。今回企画してくれたOさんの家にいって、2人を回収。いざ北へ。

 

2人で交代して運転することで、稚内へはすぐについた。フェリーターミナルでぼーっとする。

f:id:hatinoyado8:20180806122518j:plain

 

f:id:hatinoyado8:20180806122525j:plain

8時のフェリーに乗り込んだ。結構な人がいる。

f:id:hatinoyado8:20180806122603j:plain

徐々に近づく利尻山にテンションも上がる。

 

上陸ごまず向かったのはレンタルバイク。

f:id:hatinoyado8:20180806122703j:plain

f:id:hatinoyado8:20180806122721j:plain

原付は1時間1000円だった。

安い。

そして急げば一周できる。

f:id:hatinoyado8:20180806122941j:plain

駆け足だったが、ミルピスは飲めた。うまいなあ。

f:id:hatinoyado8:20180806123001j:plain

バイクを返却して、たまたまやっていたうにうに祭りに突撃!

f:id:hatinoyado8:20180806123103j:plain

うに、ビール、焼きタコなどすべて300円の屋台があった。控えめに言って最高。

f:id:hatinoyado8:20180806123144j:plain

午後3時ほど。さすがに登り始めないとやばい。

f:id:hatinoyado8:20180806123231j:plain

登山口のキャンプ場まで3km、タクシーはつかまらない。なので歩くのだが、ぼやっとしてると山小屋につく前に日が落ちてしまう可能性が。そこでヒッチハイクを試みるのだが、自分は「どうせ無理だ」とあきらめていた。Oさんはあきらめなかった。

 

旅館の前に送迎用のバンが止まっていっるのを見て「先行ってて」と一人交渉へ向かう。無理に決まってんじゃんと先に歩き始める。「おーい!」と背後からOさん。なんと交渉成功していた。すごい。

 

そのおかげもあって、日が落ちる前、最高にかっこいい利尻岳を見ることができた。「なんであんなことできるんですか?」と聞いたら「断られても、それだけじゃん」ということ。さすが怪しい電車居酒屋に一人でやってくるだけのことはある。

 

「それに、ポイントたまってるんだよね」とOさん。ポイント?「うん、俺はいままで山でいろんな人をのっけて来たから、そのポイントがきっとたまってるとおもったんだ」登山をしていくと、私たちのような登山客が結構いる。縦走などをしていると特にだ。そんな人にとってふもとの町までおろしてもらうだけでもありがたいと感じるだろう。

 

ポイントかあ・・

f:id:hatinoyado8:20180806123317j:plain

今夜のお宿。

f:id:hatinoyado8:20180806123323j:plain

f:id:hatinoyado8:20180806123337j:plain

ああ、日が落ちる。

利尻の山の中で上富良野の多田精肉店の塩サガリを食う。たまらん。

f:id:hatinoyado8:20180806123331j:plain

ここでウィスキーを飲みながら就寝。いつ寝たかは覚えていない、起きたのは1:20

f:id:hatinoyado8:20180806123343j:plain

当然暗い。ヘッドライトを頼りに山頂へ。

f:id:hatinoyado8:20180806123427j:plain

二日酔いでフラフラになりながら歩く。何とか山頂へついた。

 

f:id:hatinoyado8:20180806124507j:plain

山頂で3:30まで粘る。朝日が昇る。「神々しい」という言葉しか出てこない。

 

「神社を作らざるを得なかったのかもな」と思った。海から突き出た利尻山は豊富な水をふもとにもたらす。それが栄養となって良質な昆布が生まれ、それを食べるウニがおいしいから人がやってくる。人間が生み出して、この島にもたらしたものはミルピスとか、50㏄のバイク。神の所業にはかなわない。

f:id:hatinoyado8:20180806123521j:plain

山を下りる。遠くで天国への階段が下りてた。

f:id:hatinoyado8:20180806123532j:plain

 

 

朝8時のフェリーで稚内へ。温泉に入って、飯を食う。来た道を車で戻って、美瑛に帰ってきたのは午後5時前だった。