ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

自分がされて嬉しいことをしようと思った

インド旅行とメルカリがなぜか繋がったという話。

 

25歳の時にインドに行きました。あこがれの国です。インドに行った人は2種類に分かれます。「もう二度と行くか」という人と「インド以外に行く気が起きない」という人です。私はインドに何度でも行きたくなりました。

1月のニューデリー空港に降り立った私は、まず旅行代理店詐欺にぼったくられました。定価の30倍くらいのバナラシ行きチケットを買わされたのです。ネットでの情報が少ない当時、それが定価と言われて信用してしまいました。

それからさらに騙されて別の列車に乗ってしまいました。凹んでいたら優しいインド人に助けられて、20時間後なんとかバナラシにつきました。

ホテルに泊まって次の日、ガンジス河沿いを歩きました。おお、スゴイ。さすが神聖な川です。コレラ菌が生息できないくらい汚れているらしいですが、それでもキレイだと感じました。

少し歩くだけで子供たちがワーッっとやってきて、あれを買え、これを買えと言います。もうだまされないぞ、いらんいらんと追っ払って、あこがれの空間に浸っていました。

そんな時、ちょっと遠くを歩いている日本人らしき男性がいました。年齢も同じくらい、旅慣れている感じです。彼の行動に私は感動しました。

子供がワーッっとやってきて、あれを買え、これを買えと彼に言ってます。「おーし、いいよー」と子供の売っているカードとか花をたくさん買ってます。

私は自分が恥ずかしくなりました。子供の売っている商品はせいぜい50円とかです。私は入国以来騙され過ぎて警戒しすぎていたのでしょう。それぐらい買ってあげるべきです。

それ以来、子供の売っている商品は全部買う。適当に歩いている子供に飯をおごる。という自分ルールを設けました。商売を終えた子供たちはとっても素直でいい子でした。誘われるままどこかの路地について行ったり、一緒に遊んだりしました。正しいチケットの買い方を教わって、ニューデリーまで帰ることができたのです。

あの時、私の警戒心を解いてくれた日本人のお兄さんには感謝しかありません。彼が居なかったら私のインド旅行は「騙すか、騙されるか」というものになっていたでしょう。

 

※※※

 

そんなことを思い出したのは、そう、スマホにしたんです。

 

最近3年愛用したガラケーが壊れてしまったのです。ついにスマホデビューです。ライターの仕事でいつでもGメイルとチャットにつながりたかった。それにメルカリで売り買いしたいものがあるのです。

それは本です。結構高いやつ。自分のレベルを上げる為に必要な本がいっぱいあるんです。ただ、高いだけに手が出しにくい。それでメルカリでさらっと買って、パッと売ることを考えました。

別にスマホじゃなくてもできるんです。でもパッと写真をとってさっと売って、はい発送!という手軽さが欲しかった。最近のスマホはカメラもいいですしね。

f:id:hatinoyado8:20180116002200j:plain

美瑛町の朝焼けとか。

 

ほしい本を買うためにメルカリをインストールします。

凄腕ライターの名もなきライターさんがおすすめしていた本です。内容文とか読んだら「ああ、これは読むしかない」となりました。定価で2000円ほどします。それがメルカリなら・・・・・

 

1500円!

 

うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん

1000円ぐらいでも買えそうなのですが、そうゆうのは送料がかかるんですよね。こちとら北海道なのでややネックになりそうです。

それに著者や紹介者にお金が行きません。それってどうなのでしょう。お金に余裕があるわけではないですが、払いたい人には払いたいのです。そう、インドの時のように。

奪うか、奪われるかでは見えない景色があります。スタンスを変えましょう。価値があると思うならお金を使うべきです。

私のクライアントさんは、私の仕事に価値があると言ってくれています。私はそれが嬉しかった。だから自分がされて嬉しいことをしましょう。アマゾンリンクを踏んで、定価で購入しました。

広告