ライダーハウス蜂の宿

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

シンガポールの逆玉と利尻洗脳計画

チャリダーふたり

f:id:hatinoyado8:20170529223301j:plain

一人は日本一周が終わったら世界を回る予定のチャリダー

「いままで海外とか行ってたの?」

と聞くと驚きの話をしてくれました。

「タイであったシンガポールの女性なんですけどね・・・」

チャリダーさんは、タイで日焼け止めクリームの使い方についていきなり聞かれます。

「いや、おれ日本人」と質問してきた女性にいいます。

それから「え?日本人、ワタシ日本だいすき!」と話が弾み、いい感じに。

 

そんな昭和テイストのドラマの脚本のようなことがあるんですね。

ちなみに彼女はジュエリーを取り扱っているショップを何店舗か持っていて、リッチらしいです。

「世界一周のときに、家に泊めてもらうつもりです。」

ってそこが世界一周のゴールになるんじゃない?

 

もう一人のチャリダーは若く、環境学の学生です。

馬力もあってねぶた祭も今回はパスするらしいので、あっという間に日本一周してしまいそうな勢いです。

なので、北海道のどこかに引っかかればいいと重いました。

環境学ならここはどう?」

と進めたのは利尻・礼文です。

この前の利尻富士の動画を見せたら

「ああ、いいですね。利尻いきたいなあ」

とグラリ揺れました。

「ここだ!」

と私の長年の経験とカンが言ってます。

「おそらく、これからの人生で利尻富士に登るチャンスはもう無いと思う。遠いし、離島だからね。だから行くべきなんだ、その経験はネタになるし、就活にもきっと役に立つ。」

と、利尻チェリーの私が力説します。

「そうか・・昆布のバイトあるかな?」

落ちました、一本!

広告

 

 

広告を非表示にする