ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

JAVAを極めんとする男、ミライくん

ゴールデンウィークなのにさみしい・・・

今日もヒマかなあ?と電車内部をクリームクレンザーで磨いていたら電話が鳴りました、ふう・・なんとかおひとりさま。

スクーターに乗った彼はミライくん、23歳です。

f:id:hatinoyado8:20180430204218p:plain

横浜でプログラマーをしているということで、どんなものを作っているの?と聞いたら

「Webサイトです、会社とか」ということでした。サイト運営に興味のある私としてはいろいろ聞きたかったので「HTML,CSS,それともPHPとか?」と聞きます。すると

JAVAです

という答えが返ってきました。へえ、JAVAってあのクリックして有効化するやつでしょ「ええ、最近サポートが有料化になるのでどうなることやら・・・」

それでもJAVAを極めたい!ということだったので、どこかにJAVAの魅力があるのかな?と思っていたら

「故郷の長崎に帰りたい」ということでした。つまり、JAVAを極めてどこでも仕事ができるようになることが彼の目標なのです。

 

デスマーチもあまり無く、バイクと自転車が趣味のミライくん。それでも関東は人の住むところじゃないと、ストレスを感じているようです。今回の北海道も人生初のできごとだったのですが、お腹を壊してしまったよう。きてるねー、いろいろ。体が隠れて悲鳴を上げているのかな?それともただの食あたり?(ここら辺私の料理が原因なのかひやっとしました、昼前からの症状だから関係なし、ふぅ)

そんなミライくんの乗るバイクはスズキのバーグマン。200ccのスクーターで低速のもたつきと、高速で息が上がるのを我慢すれば満足とのこと、これからほしいバイクはないけど、

「マニュアルにしたい」

ということでした。クルマはオートマ限定でいいかもだけど、バイクはやっぱりマニュアルが欲しくなったと。

休みの日はツーリングや自転車に乗って、いつかJAVAマスターになって長崎に帰るのでしょうか?まあ、ノマドプログラマーになれば世界中どこでも仕事ができるわけだし、なんだかんだ言ってJAVAプログラマーの仕事は無くならないだろうし、これから彼のミライは結構楽しそう。最後に結婚願望はないのか聞いたら

「まあ、それなりにあります」

ということでした。あっさり系ね、それともおじさんたちがこってりしすぎているのかな?そんな日。