ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

カブのリアサスで椅子を作る

ライダーハウス蜂の宿管理人のノザワです

先日カブ110のリアサス(リアショック)を交換しました。

そこで純正のリアサスを使って椅子を作ってみました。

シンプルこの上ない椅子ですがなかなか座り心地が良く、お金もかからず、良いものができたと思ってます。

 

※※※

 

「走りが変わるよ」

と同じカブ乗りにオススメされて、リアサスを交換することにしました。

その際に純正のリアサスを取り外したのですが

「この弾力を何かに生かせないか?」と思いました。

すぐに椅子に応用するプランが浮かびます、ライダーハウスにあるガーデンチェアーを参考にすることにしました。

f:id:hatinoyado8:20170902133232j:plain

6年使ったリアサス

f:id:hatinoyado8:20170902141151j:plain

木は垂木を使いました。1本100円くらい。

f:id:hatinoyado8:20170902141302j:plain

適当な長さで組んでみます。

f:id:hatinoyado8:20170902141344j:plain

で、この第一弾は失敗でした。

角度がなくて布にかかる重量が重すぎたのです。おしりを落とすと「びりり!」と破けて地面に座ることになりました。

「角度をつけて、布よりも丈夫な生地にしないといけないね」

と言うことで別の日。

f:id:hatinoyado8:20170902141605j:plain

ホームセンターで「きゅうりの栽培などに最適!」というネットを見つけたので装着。

棒にぐるぐる巻きつけて、荷重を全体的に散らします。

そして角度もより椅子っぽい角度にして、長さも短くしました。

f:id:hatinoyado8:20170902141742j:plain

あとは布を張り付けるだけ。

今度はちゃんと座れます。 ですがリアサスの効果はあまり感じません。

荷重がそれだけ分散したということでしょう。

リアサスの剛性は椅子には強すぎるという結論です。

ですが純正のリアサスを捨てずに済んだので満足してます。

 

広告

 

 

 

広告を非表示にする