ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

陰陽師麻雀編

「やあ、悪い、遅れた」といって博政がやってきたのは、もう日も暮れて漆黒の闇が降りてきた後だった。

「言いだしっぺが遅れるなよ」と木村

「なんか用事があったのか?」と稲垣

博政は「ゼミの先生に急に呼び出されてさ、よし、始めるか」といい「やるぞ、清明」とソファに横たわっていた清明をつついた。

「・・・ゼミの、行天先生か」と清明は聞いた、そうだと博政が答えると、そうかといって卓についた。

 

その夜の博政はツキまくっていた。

東2で倍マンをあがったのである。

「悪いな、清明」と笑う、この男、ギャンブルにむいている性格ではない。

裏表がなく、ウソがつけない。 テンパったらすぐに顔に出る、ポーカーフェイスとは世界一かけ離れた人間だろう。

だが、そんな人間だからこそ、ツキを味方につけたら強い。

「ロン!まただ!」東3でまた博政があがった、木村も稲垣もやれやれといった表情で「今日は博政の日だな」としゃっぽをぬいでいた。

「ゼミの仕事で働いたものにはツキがくるのさ」と博政は笑い、親が清明にわたった。

場の空気は完全に博政のものだった。

トップの博政はもうあがる必要もない点棒をもっていたので、安パイを確保しつつ安手を作っていた。

そしてツモもあと数順というところで、清明が口を開いた。

「ツキか・・・ツキというのは、本当は「憑き」からきているのを知っているか?博政」

「また、得意の呪か?清明?」

「いや、憑きは憑きだ。そもそも、人間の運には限りがあるっと・・・・リーチだ」

のこり数順の親リーに、全員が降りた。ノーテンバップをかき集めて、清明の親2局目が始まる。

「今日のお前のように運がツキまくっているのは、たいてい憑いてる。肩が重くないか?」

「よせ、縁起でもない」

「いや、縁起だ。縁起とはそもそも「精神的な働きを含む一切のものは、種々の原因や縁によって生起する」という意味だ」

「すると、俺の肩にご縁があって、誰かが乗っているっていうのか?」

「おそらくはそうだ。最近人の思念がこびりついてそうな古い場所に行かなかったか?」

清明に聞かれ、博政は背中につめたいものを感じた。

最近どころか、つい先ほどまでいた行天先生の部屋は、旧校舎の奥にある。 大学の中でも歴史的建造物に片足をつっこんでる建物だ。

固まっている博政を横目に、清明は中を鳴き、軽くあがった。

3局目、清明は続けた

「憑かれるときは、人の思念が残っている場所に、夜行くときだ。輪郭がおぼろげになるような暗闇にいると、自分の境目が分からなくなる。そこに憑かれるのだ。」

場は静かに進む、博政は行天先生の部屋を思い出す。

 

真っ暗だった。

 

呼ばれてお伺いしたはずなのに、部屋に行天先生はいなかったのだ。

「先生?」とむなしく声だけが響いた。

窓にはカーテンが引かれていて、背後の内廊下からは少しのあかりもこぼれない。

携帯嫌いの行天先生に配慮して、ロッカーに携帯をおいてきたのを悔やんだ。

しかたなく博政は部屋の奥にあるはずのスイッチを手で探った。

完全な暗闇の中を泳いでいる気分だった。

 

「どうした?博政?」と清明が覗き込んだ。

「・・・いや、なんでもない」はっとして博政は答えた。

「そうか、ところで、それロンだ」3ハン5800の手で清明があがった。

 

4局目

「どうした博政。流が止まったか?」と木村

「憑いてる人をもう一度呼んだらどうだ?」と稲垣

「『命運を託す』というだろ、今のお前の運は二人分だ」と清明

人の気も知らないで・・・おちゃらける三人とは違い、博政は先ほどまでの剛運が怖くなってきた。

行天先生の部屋の電気は結局見当たらず、机らしき場所に資料をおいて出てきた。

そして、ココに来た。 ハイは意思を持ったかのように博政のところに集まり、美しく複雑な役を形成した。 初めての体験だった。

「命運を託されたものは、二人分の因果を背負う。その分運が強くなるのだな。ところで博政、行天先生はどんな人だと思う?」

「先生は・・・すこし変わった人だな」

「大学教授という特殊さを引いても、あの人があそこまで出世したのはなぜだろうな?」

たしかに、行天先生は変わり者である。

人文学の分野においても、誰もやらないような研究に生涯をささげ、学会からは腫れ物扱いを受けている。 博政たちの大学で「き○ガイ行天」といえば有名だ。

「オレが思うに、博政。あの人はずっと憑かれていたのではなかろうか?」

博政は仰天先生の目を思い浮かべた。目の前に立っても、どこか中空を見つめているような大きな目。 何者かに憑依されているといわれても納得してしまうだろう。

 

「なあ、博政。お前は今日、行天先生にあったのか?」

 

冷たい刃物で刺されたような衝撃を受けた。 なぜ?そのことを言っていないのに?

「・・・いや、先生はいなかった」とかろうじて平静をよそおい答える。

「そうか、ところでそのイーピン、ロンだ」

木村と、稲垣がうわーとした顔で

「みえみえの、染めだったろー」とさわぐ、ドラがついて跳マン、18000だった。

 

その後、朝日が昇ってきたので麻雀をやめ、24時間の中華料理店に行くことになった。 みな腹が減っていたのである。

五目チャーハンをかっこみながら博政は聞いた

清明、オレに憑いてるやつ、おとせるのか?」

かに玉チャーハンを食う手を止め、清明は顔を上げる

「 ? 」

博政はさらに聞く

「今日言ってた行天先生の憑き物だよ、オレに憑いてるっていったじゃないか」

ああ、と清明はウーロン茶を飲み、こう言った

 

「博政、アレはウソだ」

 

流れを変えたくてついた真っ赤なうそだ。 実際あのときのノーテンバップから流がかわっただろう? お前が行天先生の所に行ったと言うから創作してみたのだ。 うふふ、見事にはまったなあ。

 

「な・・・・でも、先生に会ってないのはどうしてわかった?」

 

それもどっちでもよかったのだ、実際に先生に会っていても「それは本当に先生だったのか?」といえば、お前は怖がる、効果的だ。

 

「・・・・清明・・」博政は言った「チャーハンはお前もちだ」

やれやれとウーロン茶を飲み干し、会計に立った。

それにしても、なんともカンタンな解呪なのだと清明は思った。

広告

 

 

広告を非表示にする