ライダーハウス蜂の宿

閉鎖しました 

がんばったから、がんばれない

やりたい仕事があり、やらせてもらう機会をもらった。

当然頑張ったのだけれど、がんばりすぎてしまったようだ。

水曜日、いつもだったら5時に起きて、仕事して、10時になったら図書館にいく日。だが、やる気が出ない。頭がぼーっとしている。

何もせず10時を回ったので、あきらめて温泉に行った。風呂に入って、ぐーたらスペースで小説を読む。「どうしようもない恋の唄」というタイトルの官能小説で、この作者が今の所ベストだ。官能小説の機能として、出会った女性全てとセックスしなければいけない、というのがあるが、たいてい、話は破綻してしまう。ご都合主義のキャラクターたちが、よくわからんうちにまぐわってる。それが、この作者ではマイルド。自殺志願の男が、最後にソープに入って、そこの嬢に生きる気力をもらう話だった。

本を読んだら寝て、ラーメンを食べて、また風呂にはいる。かれこれ10時間くらいはいるだろう。これで550円は安い。

身体はばっちり元気になった。頭も少しすっきりした。が、仕事に向かう気持ちができない。つくづく、自分の甘さに吐きそうになる。誰かに監視してもらわないとがんばれないのだ。

webライターは、その点、なかなかうまくできていて、クライアントとつながっているから、サボりにくい。今は、緊急の仕事がないから、だらけてしまっている。

そして、冬。どこか遊びに行こうにも、路面が地獄だ。この前も、旭川で観光バスが事故っていた。美瑛に引きこもって、バイクで図書館にかようのが一番いい。

20時になった、ぼちぼちとかえる。車を暖気して、だらだらと美瑛に向かってはしっていたら、右側に車が2代。散らばったパーツ。凹んだフロントグリル。軽自動車とスバルレヴォーグ?警察はまだ来ていないようで、携帯で話している人がいる。

2台とも正面全部がきれいに凹んでいるから、オフセットではない。だが、正面衝突?交差点で、大したスピードもなかっただろう。けが人はいなそうなのでスルーした。

たぶん、おもったより滑るんだろうな、と思う。曲がりきれずにふくらんだかな?フレームまで歪んでいなければ、修理ですむのだろうけど、−10℃で事故処理って大変な仕事だ。しばらく走るとパトカーがすれ違った。おつかれさまです。

今日は+はなかった。前進はしていない。だが、−も後退も無い。それで、自分を許そう。