ライダーハウス蜂の宿

閉鎖しました 

古の登山道を復活させる活動のボランティアに行ってきました

f:id:hatinoyado8:20190604220830p:plain



https://www.npokamui.org/news/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82/

↑層雲峡の北にある朝陽山からニセイカウシュッペまでの古ルートを復活させる活動。クラウドファウンディングには参加できないけど、トレーニングがてらボランティアなら参加できる。

 

朝5時に起きて、ぼちぼちと動き出した。8時に朝陽山の登山口に行けばいいと書いてあったので、楽勝だと思った。が、ぎりぎり8時に到着する。

あれ?誰もいない。

一応フェイスブックで、参加するにしておいたのだけど、車があるだけだった。まあいいか、とにかく登ってしまおう。

1時間ほどで稜線にでた。

途中草を刈払い機で除去している人がいたので声をかける。

「ボランティアです」というと驚いた顔をしていた。

「この先にいるから」と山頂を指さす。

熊のボロなどを飛び越えながら進む。

f:id:hatinoyado8:20190604221151p:plain

笹の道

山頂を超えると、人がいた。ボランティアであることを伝えると「じゃあ、刈った笹を横によけてください」と言われる。

1時間ほど笹を手でよける作業をした。

f:id:hatinoyado8:20190604221323p:plain

ゴールは果てしなく先

途中、NPOの人が来て話す。美瑛から来たことを伝えると驚いていた。

「ドローンあったら、もっと作業がはかどるんだけどなあ」

ああ!今日に限って忘れてきてしまいました

 

「ニセイカウシュッペ登ってみたいなあ」

「去年登りましたよ」

「あれ?林道崩壊してませんでした?」

「いえ、大丈夫でした」

そんな会話をして

「じゃあ、僕らはもう下に降ります」と別れる。

「自分もあとちょっとやったら降ります」という。

集合もなければ、解散もない。実にゆるくてやりやすいボランティアだった。

1時間ほどして、イイ感じのところまで笹をどけた。下に降りると13時ほど、さっきのNPOの人に挨拶して帰る。

 

帰り道で大雨に当たる。あのままやり続けたらやばかった。NPOの人も明日は休むという。

自分がやった作業など、1シーズンもしたら、再び笹で覆われるだろうけど、それでもやってよかった。達成感じゃなく、やったんだという実感。それに、こんな機会でもなければ、朝陽山のことは知らなかったし登らなかった。いいトレーニングでした。

 

f:id:hatinoyado8:20190604222138j:plain

雨だったので、ライダーが多かった。

4人でいろいろゲームをする。やはり、これぐらいの人数がいると面白い。もっともっと、いろんなゲームを集めてみよう。