ライダーハウス蜂の宿

閉鎖しました 

終わりを胸に刻んで

やあ!おっぱいパブで嬢と喧嘩をしているところ悪いんだけど、私が12時間ほどハマった「カラーボールブラスト」っていうスマホアプリの話を聞いてくれる?これね、ヤバイ。気づいたらやってる。広告を見れば、永遠にプレイ可能だから、私「日替わり側室」とか何十回もCM見ちゃったわ。

 

充電しながらプレイするから、スマホがあっちっちになっちゃって、それでもやめられないから「これはサルオナだな」と思ったのね。ヒトオナのプロフェッショナルとして、サルオナにハマっちゃうのはオナnistとして資質を問われちゃうから、一通りガチャを開けたら「ってい!」とアンインストール。12時間ほど人生を捨てたいならおすすめ!

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88/id1450239292?mt=8

あとねえ・・・あ!「嫌われたい!」ってライダーが一人やってきたわ。北海道に長期で滞在する予定というおじさんなんだけど、500円で相手にするのはタダのボランティアというか、人生の無駄遣いだとおもったから、朝、目線を同じ感じで話しかけたの。

私がスキンヘッドにして得したなあ・・っておもってるのは、年齢を想定されにくくなって、年齢マウントを取られにくくなったってところね。そのスキルを使って、ため口で会話。最後は私の気持ちが通じたみたいで、きっともう来ないわね。

 

f:id:hatinoyado8:20190521223457j:plain

元気が出る肉

居酒屋にて

「マスター、地元のお客さん減ったよね?」と地元のお客さんから。

良く見てらっしゃる、地元のお客さんは減少傾向にあるのだ。

 

飲食業というのは、常にお客さんに驚いてもらうのが仕事だ。

「いつも、同じメニューを」では、飽きられてしまう。

それを回避するには、常に新しいメニューを開発するか、常に新しいお客さんを呼び込むしかない。

新しいメニュー開発は、もうあまりできなくなった。経済的、物理的制限のなかで、自分が創造できることはもうあまりない。

それよりも、極限までタスクを減らすことで、人件費を皿に乗せないこと、それが重要だ。それに「常に新しいお客さんを呼び込む」は、ライダーハウスが横にあるから苦にならない。

f:id:hatinoyado8:20190521223612j:plain

三角村鉄の掟

 

地元のお客さんが減るのは自然の流れだと思っている。

最初は3つの団体が使ってくれていて、とても助かった。

が、AとBという敵対関係にあるお客様が鉢合わせし始めて、自然と来なくなった。残ったのはCという団体で、こことは緩く長くお付き合いいただいている(ありがとうございます)。

だから、今の現状は予測できた自然の流れの行きつく先だった。常に「そうなる前に、なにか別の収入減を見つけなければならない」と考えていた。居酒屋に全力投球をして、生きていけるほど甘くはないし、センスもないだろう。幸いにして、ライターやドローンという面白いものを見つけることができた。

 

私は百姓の子供(正確には孫)である。百姓とは、100の職業と言う意味だ。100のスキルをもつ人ともいえる。何でも屋だ、専門家ではない。何でも屋は、がっつり稼ぐことは難しい。が、死ぬことは無いだろう。

だから、終わりを迎えることはあまり不安ではない。ライダーハウスだっていつまでも存在できるかわからない。ライターやドローンは混沌の中から生まれた、よくわからない不安定な存在だ。百姓がやるにはうってつけの副業だ。これもいつか終わってしまうだろう。

 

すべては、いつか、終わる。だから重要なのは経過である。経過とは、今、何をしているか?の積み重ねだ。終わりに向かって経過を積み重ねろ。今だ、今、積み重ねろ。

 

終わりを恐れて何もしない人、終わりを見て見ないふりをしている人、ひょっとしてバンビーノを読んだことがないんじゃないだろうか?NY編だけをすっとばした?

「永遠に生きられると思っているのか?」ってバンビが問われていたじゃない。え、読んでないの?じゃあ、次の雨の日の宿題ね。

 

 永遠には生きられない。いつか終わりが来る。だから今、積み重ねろ。いまいまいまいまいまいまいまいま。

ライダー「甲子園の近所の人」

f:id:hatinoyado8:20190521221815j:plain

カワサキバリオス250に乗ってやってきた彼。走行距離はメーター読みで6万キロ

「たぶんそれ、一周してます」

じゃあ、16万キロ!?

「いつ止まるかわかりません」

だよねー、仕事は?

「来月から、新しい所で」

 

損害保険の調査員をやっていたという彼。地元兵庫から大阪までカバーしているから、大阪の暴力団関係ともトラブったという。

「次は農機具の営業です」

って、農家さんも荒い人多いよね?

「でも、ヤクザほどではないでしょう」

確かに。バリオスさんに幸あれ。