ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

選挙の1週間

死ぬほど悔しい敗戦は

どんな勝利よりも価値がある

 

f:id:hatinoyado8:20190422090219j:plain

おはよーございます!精神の自傷癖がニアデスハピネスを引き起こすってことで、もっぱら馬に引きずられ街道をゆくのがマイブームのケチな野郎でやんす!またの名をタンジェント高木っつー木の実から再生した人造人間2号でやんす(1号は木の実ナナ)!以後お見知りおきを!

 

これからあっしが語ることは、真偽いりまじった作り話ってことで、関係各所にゃご配慮をいちおうやっとこうかなと、こんな前口上をしゃべらせてもらってやす。あぶない!親便の眉間にスズメバチが!

 

f:id:hatinoyado8:20190422091058j:plain

おいしいお蕎麦の写真

ライダーハウスが始まるまで、選挙事務所にかしてくんない?」と連絡を受けたのが先月の話。まあ、なんでもいいけど、選挙ってやっぱり誰かに嫌われるリスクがあるから、思いっきり吹っ掛けました。

「じゃあ、それに+2000円するよ」

と、なんと交渉成立。はぁ、これが交渉か。今まで性交渉すらしたことがなかったので、おどろきました。そして、ふたを開けてみると、事務所にするってのは、どこかの先生を擁立するでもなく、居酒屋のお客さんであるAさん自身が立候補するってことだったのでびっくり。

すでに、ふっかけてしまっているので、いまさら値引きするってのも不自然なもの。まあ、いいや。と管理者責任をなげっぱにして、道東旅行に行ったりしてました。

んでさらに、選挙のバイトも紹介してくれて、今回の選挙のかぶりつきのSS席に座れたのです。

f:id:hatinoyado8:20190422091611j:plain

アンモナイトと黄金率は無限に0へと近づいています

(ここでおしっこがじょぼぼーっと漏れてしまって、温かな液体が私のスウェットを濡らしました。日露戦争の記憶がよみがえります。「こんなもの、シベリアに比べたら屁のようなもんじゃい」とスウェットを脱ぎ、ごみ箱にダンク。下半身を露出したまま帰路に就いたら、警察に逮捕されたのです。)

 

選挙のバイトというのは、新聞社に得票率を報告するもの。とても簡単ですが、面白かったです。第一ラウンド(知事とか)はあまり美瑛町民に関係のないことなのか、おとなしく終了しましたが、第二ラウンド(抜けるAV女優決定戦)とかは、町全体がヒートアップしてました。

 

「大人の、マジな喧嘩だよね」とAさん。初めての立候補ということで、かなり戸惑ってました。ありえない裏話とかウソ話を使って、対立候補の足をひっぱるなんて当然の世界。でも、それをやらないとつぶれてしまう会社があるとしたら・・・・やるでしょう。

 

政治と金が結びつくのは当然のことですし、本気になればルールを超えてでも生き残りたいと思うのも当たり前。選挙は、全員、本気です。

f:id:hatinoyado8:20190422092505j:plain

お風呂のあとは日光浴スペース

「北極に行くぞ!若者集まれ!」というテレビの企画をみました。そこでは、ふぞろいの若者たちが、北極を歩くために集い、訓練していました。そのうちの一人がリーダーシップをとるのですが「なんであいつ仕切ってんの?」と思われているようです。

 

カッコいい25歳の彼は、カッコイイ大学を出て、カッコイイ成績を収め、かっこいいIT企業の営業職に就きます。そこで、取引先に「担当を変えてくれ」と言われたのがショックで上司に辞表を提出。それを上司は受け取らず、北極行きは認めてくれました。

 

「ってか、ぶっちゃけていい?」と上司は言います。「いっかい、マジで、負けておくべきだよ」と。

f:id:hatinoyado8:20190422093414j:plain

しゃれこうべinアート作品

本気にならないと、負けは悔しくありません。負けを認めたくないから、本気になれないということもあります。私も保険屋をやるまで無敗の男でした。営業は売り上げがグラフで出るから、逃げようがなかったのです。

 

人間は子供の時に勝ちパターンを習得します。泣けば許してくれた子は、困ったら泣く。正義を主張すれば意見が通ったことがあれば、正義を縦にする人に。体が大きい子は、体を使って。キアイで乗り切ってきたコは、キアイで押し通す人に。

 

私は問題から距離を置き、保留することがパターン。誰かが、なんとかしてくれるまで、待つ人に。保険屋になって最高のギフトは、完璧に、ノイローゼ直前になるまで、負けることでした。

 

f:id:hatinoyado8:20190422101414j:plain

北極の彼に必要なのは,イキった鼻っ柱をへし折ってくれる完敗です。一度、本気の全力で勝負して、1週間寝込むぐらいの敗北をすること。

 

おもえば、選挙もそんなものでしょう。みんな本気で勝負してる。清濁を併せ持つ、能力の高い大人たちが、全身全霊、使える物はすべて使って戦ってます。

 

町議員選は一人、二人と泡まつ候補がフェイドアウトしていきます。14の席に19人が残りました。町長選は4人のガチバトル。勝てば100億の予算の決定権がもらえるのです。負ければ無職になり、町からでることも。

目の前で、プロ野球よりも本気の戦いが行われます。面白くないはずがありません。多少巻き込まれようが、この熱狂に触れられて幸せでした。

 

f:id:hatinoyado8:20190422102350j:plain

えびせん

そして、選挙当日。一度折れかけたAさんは、ぎりぎりの当選でした。それを、開票所でどきどきしながら見つめます。

開票所には、戦いの結果を見届ける人が大勢いました。結果がでて、熱狂は当選者のもとに集結します。

事務所でささやかな祝勝会をやって、選挙の1週間が終わりました。