ライダーハウス蜂の宿

閉鎖しました 

安永さんを信じてる

人間には生まれた意味とか、運命なんて無い

でも、安永さんはいる、そう信じてる

f:id:hatinoyado8:20190418142136j:plain

線路と枯れた草

 

ドローンのパイロットをなんとなく目指して、辞めてしまった。

副業としてはきつすぎるし、参入障壁もないから叩きあいに合うとおもったからだ。

一から会社を作って、営業して、ドローンのテクニックを磨くのは時間とエネルギーが必要だ。

 

んで、ドローンで遊んでいたら、フライト時間が11時間となっていた。

これは、DJIアプリにログインした状態での時間だから、きっともっとあるはず。

まあ、それなりの時間だとおもう。かなりドローンで遊んでいるほうだと、自分で思う。

 

それなりに知識も増えたので、ライターの案件でドローン関係の仕事をやったことがある。

2年ほど前にやって、ライティング技術が足りなくて失敗した分野だ。

また、失敗するだろうと思って、軽い気持ちで始めたら、なかなか面白かった。

 

ドローンの世界は、すごい勢いで成長している。

特に、ドローン飛行許可システムDIPSが面白い。

あの、うんざりさせることが目的のような、複雑な公文書を、質問形式のチェックボックスまで落とし込んでいるのはすごい。

まだまだ粗削りの分野だけど、日本ってそこら辺がしっかりしているのが偉いと思う。

軽い気持ちでドローン飛行許可の申請をした。

 

よく

ドローンを飛ばすのは許可がいるんです!

という人を見かける。

可哀そうに。と思う。

どこで聞きかじった知識か知らないが、そんな中途半端な知識を振り回すのはアホだ。

マウントマンが、正義の力を振り回したいだけだと思う。

ドローンを飛ばすのに、許可がいる条件というのがあって、その条件をクリアすれば、許可は必要ない。

正直、知らんかった。

 

それに、近年の200g以下ドローンの技術発展はすごい。

耐風性能以外は、かなりのものだと思う。

セルフィーぐらいの空撮なら、もうこれで十分じゃないかな。

旅人にも、おすすめできる。

(耐風性能は低いから、無風状態で飛ばすこと)

か、マルチコプターの元祖。parrotのbibapが4万しない。しかもFPV付きというお得するぎるセットがある。これは200gを超えているから、飛行させるには許可を取るか条件をクリアしなければならない。例えば、海岸線で飛ばして、目視内で、自分を映すぐらいなら、おそらく許可は必要ない。(道路や私有地に被らないようにする)

 

 ドローン空撮会社を起業するって話も、わりと現実実がでてきた。

今回で、許可申請のやり方はわかった。

会社設立については、ググるか、いま選挙にでているAさんに聞けばかなり教えてくれるはず。

人材はそこらへんにいるライダーをスカウトすればいい。

例えば、十勝岳空撮専門のドローンパイロットになれば、1フライト10万ぐらいだろう。

許可は美瑛町だけ取ればいい(それが難しいのかもしれないが)正式な国土交通省の許可証(包括申請)が取れれば、それを代紋にしてビビらすとスムーズにとれるんじゃないだろうか?役場とはそうゆうところだ。

 

あきらめてた道があって、壁の前であそんでいたら、壁のほうが勝手に消えて行ってくれた感覚だ。

 

人生には運命とか、生まれてきた意味とかは無いと思っている。ただ、獣として生を受けたのだ。そこから知恵を働かせて、自分勝手に運命とか生まれてきた意味とかを乗っければいい。

「でも、脚本家と演出家はいる」

とてんつくまんは言った。詳しくは絶望に効く薬か、感動無き・・・に書いてあるのだけれど、人間は何かに向かって行動するとき、そのストーリーを面白くさせる人がいるというのだ。

「それを安永さんと呼んでます」

ということ。安永さんは、自分がピンチの時、絶妙なタイミングで、出会いとか、チャンスをもってくるのだという。安永さん・・・いるなあ・・