ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

再会と優先順位

好きなことをするために生きている

お金や仕事はそのための手段にすぎない

f:id:hatinoyado8:20190416220909j:plain

来週から居酒屋を開ける予定なので、今週はその準備となりそう。

朝から厨房で仕込みと掃除をしていた。

窓から見える十勝岳連峰は美しく、陽気に歌うスズメの歌声を聞きながら働く。

体を使う仕事は楽しい。

ライターの仕事が煮詰まってきているので、結構ヤバイのだけれど、バランスは大事。

暖かく、体を動かせるって気持ちいいのだ。

体が疲れて動かなくなったらPCに向かって働けばいい。

テンメンジャンを作って、マーボを作る。

美瑛の和豚もち豚を使ったマーボ丼を考案した。

f:id:hatinoyado8:20190416221324j:plain

マーボ丼

問題がある。量が多すぎて、入りきらないのだ。

ラーメンどんぶりにするべきだった。

チャーシューを作り、ギョーザを作る。

f:id:hatinoyado8:20190416221445j:plain

餃子

ひさしぶりの餃子はたのしい。

ラジオを聴きながら包むと、お客さんが来た。

f:id:hatinoyado8:20190416221624j:plain

レクサスくん

「ショカン登ってきたんです」という

え、冬山で?

「誰でも登れますよ、でも、今日は死にかけました」

強風で、ピッケルを雪面に突き立てながら登ったらしい。

タフな男だ。かっこいい。

f:id:hatinoyado8:20190416221824j:plain

アベ

もう一人、あべくん。

3,4年前に来たことがある人で、カナダに1年半行っていたらしい。

冬はニセコ、夏は京都で働く。

「これから、何したらいいっすかねー」と酒を飲みながら話した。

「ってか、いま何やってるの?」と聞く。

冬山に登って、スノボで降りることをやっているとのこと。

「この前なんか、視界10mで、かつ大所帯だったんですけど、女の子がこけちゃったり、軽い雪崩が起こっちゃったり大変でした」と笑いながら話す。

そんな彼が「好きなことして、働くっていいですよね」という。

優先順位が違うと思った。

「好きなことをするために働く方がいいよ」と彼に言った。

なぜなら、好きなことで働くと、真面目な人は好きなことを犠牲にするからだ。

自分の楽しみを犠牲にしてまで、仕事に殉じたりする。

そうじゃない、と。

好きなことってのは、お金以上の価値があるのだ、と。

若苗を育てるように、好きなことを守るべきなのだ。

彼の雪山登ってスノボで降りてくるってやつは、とびぬけたスキルと情熱だと思う。

でも、それを即現金化にするよりは、もっともっとやり切るべきだ。

他人の評価やお金は、後からついてくる。

大切なのは、好きなことを守ること。

好きなことは、自分にエネルギーを与えてくれる。

エネルギーがあれば、たいていのことはできる。

金を稼ぐってのも、その一つだ。

エネルギーがあれば、金は稼げる。

エネルギーがあれば、人生なんて楽勝だ。