ライダーハウス蜂の宿

閉鎖しました 

心をえぐる景色

「もし、この町に住んだとしたら?」と想像する

「悪くない」と、微笑んだ

f:id:hatinoyado8:20190415150840j:plain

琵琶瀬展望台より

土曜の夜に帯広に行き、車中泊した

f:id:hatinoyado8:20190415150944j:plain

音更の朝

5時に起きて、釧路へ。

f:id:hatinoyado8:20190415151207j:plain

恋問

ピンク色の朝を走る。

信号がまったくない。

東へ東へと向かうが、終わりの気配がない。

永遠に続いてるかのようだった。

f:id:hatinoyado8:20190415151358j:plain

釧路駅

釧路で朝ご飯を食べようと思って、和商市場に行くと「本日休業」だった。

時刻も9時前だったので、ほかに開いている店もない。

厚岸まで行くことに。

f:id:hatinoyado8:20190415151520j:plain

釧路の街なみが好きだった

厚岸は2年前の納沙布へのカブツーリングで来ていたけど、夜だったから素通り。

ついにカキを食う時が来た。

水族館が入ってる

f:id:hatinoyado8:20190415152411j:plain

かきくらべ

f:id:hatinoyado8:20190415152439j:plain

2個で600円

んめー!

f:id:hatinoyado8:20190415152509j:plain

厚岸の街

f:id:hatinoyado8:20190415153038j:plain

なぎさのドライブウェイ

今回のコース。途切れているところは、量子コンピューターを使った物理転送。

最東端はあきらめた。

f:id:hatinoyado8:20190415153221j:plain

かきかき

f:id:hatinoyado8:20190415153246j:plain

かきかき?

もう1件。漁協が経営している所。

こっちはセルフだけど、1かき100円ぐらいで食べられるのがうれしい。

f:id:hatinoyado8:20190415153347j:plain

電子レンジで蒸すか生で

f:id:hatinoyado8:20190415153416j:plain

かっきーかきかき

f:id:hatinoyado8:20190415153439j:plain

橋を渡る

琵琶瀬展望台というところがあったので、止まってみた。

おお!絶景!

f:id:hatinoyado8:20190415150840j:plain

護岸していない川と、湿地。その河口にある小さな町。

この町で生まれたとして、どんな人生になるか想像する。

それが面白かった。今と、まるで違う環境だ。

確かムツゴロウさんが、このあたりの無人島「ケンボッキ島」にヒグマをつれこんで1年生活していたはずだ。

この時のムツゴロウさんの生活は、書籍になっていてとても面白い。

そのムツゴロウさんもこの景色を見たのだろう。そして夢想したと思われる。

「ここで、生活してみたら・・・」と

f:id:hatinoyado8:20190415153510j:plain

霧多布岬

心をえぐる景色だった。

今回のゴール地点は霧多布岬にした。

f:id:hatinoyado8:20190415154226j:plain

ゴールの人

f:id:hatinoyado8:20190415154309j:plain

じっとこちらを見ている

f:id:hatinoyado8:20190415154411j:plain

とりの島

f:id:hatinoyado8:20190415154455j:plain

灯台

ああ、終わった、終わってしまった。

浜中町で温泉に入って仮眠、釧路に戻り、博物館へ。

f:id:hatinoyado8:20190415154628j:plain

釧路博物館

f:id:hatinoyado8:20190415154651j:plain

マンモス

ここは、展示もいいけど、建物がすごく好き。

f:id:hatinoyado8:20190415154743j:plain

クジラの下あごと螺旋階段

f:id:hatinoyado8:20190415154901j:plain


f:id:hatinoyado8:20190415154833j:plain

f:id:hatinoyado8:20190415154914j:plain

熊の頭蓋骨

f:id:hatinoyado8:20190415154939j:plain

タンチョウのひな

シンメトリーで2重らせん階段の建物の中心部には、タンチョウのひなの模型。

美しいなあ・・・

 

この最上階エリアには、休憩スペースのようなものがあって、そこに座っている女子高生がこちらを見ていた。にらみつけるように。

と思った。よく見ると、彼氏と抱き合うように座っている。

それに気づいて、フオー!となる。

いやあ、いいね!若いっていい!

でも、どんな流れで、あんな座り方になるの?セクキャバ?と思ったら

「男が座ったら、女があんな風に上に座るんよ」

と彼女Aが教えてくれた。え、やっぱりセクキャバじゃね?

あはははは!と笑いながら、帯広へ帰る。

晩御飯はここ。

f:id:hatinoyado8:20190415155358j:plain

有楽町

日曜の夜ということもあり、めちゃくちゃに混んでいるが、車で待ってたらケータイで呼んでくれるらしい。疲れを取るのにちょうどいいインターバルだった。

f:id:hatinoyado8:20190415155503j:plain

ジンギスカン・ホルモン・うどん

ああ、うまいなあ・・・

そして、栄養ドリンクを飲み飲み、美瑛まで帰る。