ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

私達の行き着く所

通貨偽造の裁判員裁判が行われています。

 

裁判員裁判は比較的重大な犯罪で行われ、通貨偽造は無期懲役から3年以上というもの。

いったいどんな裁判なのでしょうか?法廷に入り、メモを構えていたら弁護士の近くに老夫婦が座りました。

「被告の親かな?」とおもったら、その老いた男性が法廷内に入ります。被告でした。

年齢は78歳。千円札をカラーコピーで偽造して、ハサミで切り、水をかけて貼り合わせ、近所の商店で使用したという罪です。

年金は夫婦で月30万円、夏までは新聞配達のアルバイトをしていたということです。

「タバコ銭を捻出するため」犯行におよんだということですが、おそらく、違うような気がします。

被告は軽度認知症と前頭側頭部認知症を診断されているとのこと。

それが、理性の部分を麻痺させているんじゃないか?と思いました。

人間の心の奥には、動物がいて、それが表に出てきただけじゃないか?と

 

・・・これが、人生の行き着くところなのかなあ?と悲しくなりました。

午後の被告人質問だけを傍聴して、あとはいいや。

いつもの場所で仕事をします、あ、いま弁護士と被告人夫婦が歩いてました。

どこから見ても、まともな老夫婦です。

 

年金をたっぷりもらっても、幸せとは限りません。

私達の行き着くところは、もっと寒くて、厳しいところであるべきだと思いました。

そこに行けるのは、意思があり、脳がぴしっとしている時だけ。

アントニオ猪木が糖尿病を水風呂で治療したように、緊張感を常に脳みそに与えていきたいと思います。安定とか、幸せとか、望んだら、その時から体は老化して行く気がする。