ライダーハウス蜂の宿

閉鎖しました 

月曜日に勝利する

仕事への熱意は冷めてしまって、仕事始めは憂鬱です。月曜日は日曜日に休めた脳みそを動かして、仕事へ向かう重たい日。しかも、ノマドスポットが軒並み休みなので、自分を監視してくれる他者もいません。

そんなわけで、毎週月曜日は、旭川に行き、どこかの温泉施設でこもっていました。仕事ですので、赤字にはなりませんが、良くない出費です。

今週は、電車にこもりました。ライダーハウスの敷地内には、居酒屋に改装した電車が置いてあって、そこに電気毛布と毛布にくるまって仕事をしていました。

 

気温は0度ぐらいです。寒くはありませんが、暖かくもありません。重たい頭を動かすには、ちょうどいい気温でした。

居酒屋のストーブを付けますが、暖かな空間とまではなりません。外気温が寒く、隙間風がすごいからです。

ですが、なんとか仕事を続けることが出来ました。集中力が続くのは、珍しいことです。漫画や小説に囲まれたまま、仕事をするのは結構大変。それでも上手くいったのは、ひとえにこの気温でしょう。

 

快適でなく、厳しい条件が自分を強くしてくれることがある。大人になって一番欲しいのは、自分を監視して叱ってくれる人だったりします。自分がそうならなければいけないんですけどね。