ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

キャンプ1を設置しろ

私は鈍器だ、人を傷つけないし、持ちやすい。

そんな私でも苦手な人がいるってことを、工場でバイトしていたときに知った。あまりにも、その人のことを考えすぎたせいで、注意力が鈍ってしまったことがある。その時は、フライパンが火を吹くぐらいですんだのだけれど、あのままいたら交通事故を起こしてしまったのかもしれない。

500人に1人ぐらいの確率で、そんな人がいる。

今なら、思うのだ。いきなり全てを理解しようとしてはいけないと。

その人の理解できるところまで理解して、あとはじっとそこで耐えるべきだった。

これは人間だけでなく、仕事でもそうだ。

ガーッとやって、終わる仕事ならそれでいいけど、そうでないなら、どこかで休憩ポイントを作らなければいけない。そこで、耐える、じっと我慢する。

登山で言うなら、キャンプ1を設置する感覚だ。ヤバそうだったら、そこに引き返す。じっと耐える。すべてを投げ出したりはしないが、むやみに活動したりしない。

身の安全を確保し、耐えろ。全力を使い切ってはいけない。たまに、精神は肉体を凌駕してしまう。それは日本人的な美徳かもしれないけど、体へのダメージは確実に残るということだ。フライパンから火を吹いたり、鬱になったりするのは自分の限界を意味している。キャンプ1へ戻れ。

鈍器だからこそ、殺傷能力がある場合だってある。人や仕事、ヤバイと思ったら、撤退をするべきだ。可能な限り、自分を守らなければならない。