ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

水になりたい

自分の場合やる気とかは無いほうがいい。

そんなもの、基本的にあるからだ。

 

 

なぜ、やる気があると、ダメになるのかわからなかった。

緊張が視野を狭めること、体を縮こまらせることに気づいたのが15年前。

それから、なるべく緊張しないようにしてきたが、ここ一番ではだめだ。

「失敗してはいけない」という条件が、自分を失敗に導く。

 

ライティングの仕事は、ある程度なれてくると「まあ、これだけ時間使ったし」と時給で計算して納品することがある。

結果主義ではあるのだけれど、そこらへんは商売だ。まあ、そのくらいの考え方のほうが、緊張しなくて済む。結果としてよい品になることもある。

だが、先週やった失敗してはいけない仕事はダメだった。意識してリラックスするように努めたけど、だめだった。苦しかった。

悩む。悩みは頭の無駄使いだ。いたずらにMPを消耗している行為にすぎない。だが、だめだった個所を考えることが止まらなかった。

 

頭が使い物にならなくなったので、今日は仕事を辞めてプールに行く。200mほど先にある、町民無料の温水プールだ。1コース独占で20分ほど泳いだ。

「自分はどうしたいのだろうね?」と泳ぎながら考える。「ライダーハウスを買う金、がほしい」「本当に?」「・・・・いや」「本当は何が欲しい?」「・・・・なにもいらない」

法務局のデータベースに、自分の土地を登記したいなんてこれっぽっちも思っていない。土地は土地だ。建物なんて作ればいいのだ。人生をかけてまで欲しいとは思わない。

俺は本を読んだり、文章を書いたり、プールに通うだけで幸せなんだ。それ以外は、なにもいらない。

駄文を書きなぐること。そのことに幸せを感じる。これは、料理にも通じる快感だ。

「ボム!」

と生まれて

「ポン!」

と消える。

そして、それはお客さんとのコミュニケーションだ。

 

作りまくろう。そして流されよう。ダメなら次へ行けばいい。

バガボンド佐々木小次郎のようになりたい。水のように力まない、主張しない、こだわらない、恐れない。水のようになろう。