ライダーハウス蜂の宿

閉鎖しました 

ゴールドラッシュに背を向けろ

儲け話ほど嘘っぽいものはない。それは就職とかでも同じで、誰も未来を見ることはできないし、責任はとれない。この会社に入れば一生安泰というのは、危険なワードだと思う。

 

例えば公務員に就職できたとする。だからといって、一生安泰でブラックとは無縁とは限らない。去年膨張した裁判で、ブラック上司(被告)に夜まで連れ回され、夜の山奥に放置され他という人(証人)がいた。

 

証人は大きな仕事のミスをしたわけではない。被告が激高するタイプだったのだ。土下座も強要された。傍聴して「これは、キツいな」と思った。

 

去年のトピックニュースだった仮想通貨もそうだろう。億まで資産を増やした人が続出して、ド派手に稼いだという話がゴロゴロしていた。躊躇しているうちに、バブルは終わってしまった。

 

「こんなに儲けました」という話は、90%ぐらいは嘘だ。そんなことよりも、もっと大切なことがある。

 

お金が動いているところで、価値を産み出すことが大切。では、稼げればなんでもいいのか?と思う。トレンドを追うのは、金儲けに大切なセンスかもしれないが、自分は苦手だ。

 

人口密度が多すぎる。成功する道、いま稼げる銘柄、おいしい仕事、自分の道ではない、誰かがやれば良い。

 

歩むべきは、あまり誰も歩いていない道だ。「無理だよ」「できっこないよ」「危ないよ」と言われるような道。究極的には「死ぬよ」と言われるぐらいがいい。

 

誰もいない方が良い、オリジナリティがあるからだ。「死ぬよ」という声に笑う。覚悟してないとでも思ったのか。