ライダーハウス蜂の宿

閉鎖しました 

ひたすらドアをノックしろ

レディガガについてのツイートが衝撃だった。

自らを宣伝するって、怖い。 

がここに、自己実現の鍵があるように感じた。

 

「営業は得意じゃないから」

 

と自らの世界に引きこもっても、何も生まれないのだ。常にどこかにいって、誰かに会い、そして営業をしなければいけない。

セルフプロデュースともいう。かの、山本カンサイは、ファッションショーで自分の服が出てきたとき「その服かっこいいぞ!」と叫んだと言う。

「よいものを作るのは当然で、それを知ってもらうことに情熱を向けなければいけない。それをやらないのは、子供を生むだけ生んで、育てないのと同じ」とキングコングの西野は言った。

もっともっともっと知ってもらう努力をするべきなのだ。

カメラが好きなら、買ってくれそうな人に会いに行かなくてはいけない。

歌うのが好きなら、買ってくれそうな人に会いに行かなくてはいけない。

文章や、絵、すべての創作物は、作っただけでは報われない。人に知ってもらって、はじめて価値を持つ。料理だってそうだ、誰かに食べてもらわないとそれは価値を持たない。

 

就職だってそうだ。「自分のようなできるやつが、仕事を探していますよ!」と営業しまくるのだ。

ドアをノックしろ、会いに行けないなら、メールをすればいい。認められなかったり、バカにされたり、笑われたとしても、それは他人の評価だ。彼らの仕事なのだ。遠慮することはない。ドアを、強く、ノックし続けろ。