ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

将棋で語る男たち

郵便局時代の先輩を家に呼んだ。子供のころから知っていて、仕事では神のようにかなわなかった人だ。すでに定年していらっしゃるが、退職者採用のシステムを使って、いまでも週3日ほど働いているらしい。

よく酒を飲ませてくれた。その度に私は仕事の悩みを打ち明けたものだ。コツのようなものも伝授していただいたが、結局私はそれを吸収することができなかった。

将棋好きが集まるスナックに連れて行ってくれた。当時の私は駒の並べ方ぐらいしか知らなかった。回ってきたカラオケとか歌いながら(こんなことしてる場合じゃないんだよ、仕事ができないんだよ)と思っていた。

 

郵便局を辞めて、自分の居酒屋を始めた時。お客さんとなんとなく「将棋でもやってみる?」という話になった。それからハマった。毎日将棋を指していると「ひょっとして俺はかなり強いんじゃない?」と勘違いすることになる。

 

地元に帰ったときに先輩に挑戦する。が、まったく歯が立たなかった。今思えば当たり前だ。相手がどれくらい強いのかすらわからないレベルの差だった。

 

それから10年ほど経過して、今日リベンジすることに。毎日3局アプリで指して、実力をつけたつもり。でも、勝てるかどうかはまったくわからない。

1局目、先手を貰っていつも通り中飛車へ。先輩は居飛車でどっしり受けてきた。序盤から中盤に差し掛かるあたり、自分にミスが出てしまった。取り返すように、細い攻めをつなげるけど、すべて吸収されてしまった。

やはり、強い。

2局目、相手に合わせるよりも、こちらのやりたいことをやる。パワー中飛車。相手が構えるよりも先に、1発入れて様子を見る。こちらのガードは最小限に、こまかく素早く動き回って、バランスが崩れたところを叩く。

先輩にミス。それをなんとかつなげて、こんどは先輩の攻めを受ける。囲いを崩され、王が脱出、相手陣に逃げまくって、なんとか1手の猶予を見つけた。

10分ほど考えて、なんとか詰みを発見して勝った。

 

仕事の話も終わり、将棋も1勝1敗。やっと普通の人として先輩を見れた気がする。「将棋強くなったなー!」と言っていただいた。

 

ほくほくして将棋盤を片付けた。すると来客したご近所のご主人が「やるの?」と対戦することになった。

自分の中ではずっと近所の大人。大人の男。会話を交わすことは無かったけど、将棋で交流した気分だ。

勝敗でいえば勝った。が、将棋盤を挟み、駒を交わす交流に満足感がある。これはネット将棋にはないものだ。