ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

彼女たちに幸あれ

いま、時間がある。

仕事は、あまり入れていないし、プライベートな用事も少ない。雪が無ければどこかの山へ行きたいけど、昨日から一気に降りだし、根雪になった。

bi:yellという美瑛町の素敵スポットで読書をしている。とても暖かく、広々としていて、集中できるのだ。

今日も500ページの騎士団長殺し(遷ろうメタファー編)を読んだ。これを読むんは、集中力が必要だ。どんなに面白い物語でも、集中力が無ければ現実世界へキックバックしてしまうから。500ページは長い。

475ページぐらいを読んだところで、後ろの話声が気になってきた。集中力が無くなってきている。主人公が騎士団長殺しの真実に気づき始めたあたりで「っていうか、会社で働くってなくなーい?」と小鳥のようなハイトーンで話しているのが聞こえる。

ガラスの反射でみたら、ジャージ姿の女子中学生だった。「お金よりも、もっと大事なものってあるよね!」と耳の痛いことを言う。

平日の真昼間から、bi:yellでどっぷり読書しているおじさんのことは目に入っているだろうか?そのおじさんは、これを読み終わったら、悲惨な低価格で、かなりどうでもいい文章を書く予定だ。その内容を彼女たちが知ったら、きっと「給料っていいよね!」と思い直してくれるんじゃないだろうか。

 

f:id:hatinoyado8:20181124170217p:plain

※写真に意味はありません

 

時刻は夕方になり、目の前の駐車場から車がどんどん出ていく。きっと誰かが出勤に使い、そして帰宅していくのだろう。私は「ああ、いいなあ。きっと今日も一生懸命仕事して、お金を貰ったんだろうなあ」と羨望のまなざしで見ていた。

 

 

そんなうつろう集中力に喝!最終ページをさっき読み終えた。物語は閉じ、現実世界に帰ってきた。

これから、所有するミツビシワゴンの為にも仕事をするつもり。その前に、フリーランスにあこがれる?彼女たちへの私のポジションを確かめておきたい。

・・・「幸あれ」

だと思う。ろくでもない仕事はいっぱいあるし、どれも一筋縄ではいかないが、やってみなければわからない。

とてもじゃないけど人に自慢できない仕事をしているけど、私には時間がある。読書して、何かを書きなぐる仕事をする時間。

それは私のような変態にとって、悪くはない仕事だ。とてもじゃないけどお勧めはできないけれども。

そんな気持ちを表現するには、きっとかなりの文字数が必要だし、それを書くテクニックも無くてはならない。

だから、ぎゅーっと圧縮して、圧縮して、圧縮すると。「幸あれ」の3文字になる。

何が幸せか?なんてその人以外はわからないし、その人にもわからないかもしれない。私はとりあえず、読書の時間があるのが幸せと感じている。