ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

大阪旅行3日目:大阪城とルーブル美術館

このカーブが美しい。

宝塚には行けたので、ベタな大阪旅行をすることにした。

まあ、大阪城は外せないでしょ?

何年か前にも行ったことがあるけど、まあ、すごい人だよね。

f:id:hatinoyado8:20181118235140j:plain

f:id:hatinoyado8:20181118235150j:plain

天守閣までは最高。天守閣は・・・どうだろ、人が多すぎて楽しめない。

8Fまでの階段を上り下りすると、同行の彼女Aの足が死んだ。

展示物を見るどころではない。ヤツにとってここは富士山9合目ぐらいの感覚だろう。高山病にやられた人のようにぐったりしている。じりじりと地上に降りて、近くの歴史博物館へ。

よこにNHK大阪があった。そこで遊ぶ。

f:id:hatinoyado8:20181118235114j:plain

 

歴史博物館は10Fに上がって、それからぐるぐる降りてくるタイプ。足がラクだ。ジオラマが良かった。

それから天王寺へ。

大阪市立美術館ルーブル美術館展をやっていたのだ。

紀元前の象形文字とかに感動する。ここから、始まっているんだなあ・・・。

美術館の休憩室で大休憩した。閉館の案内が来る16:45までいた。

f:id:hatinoyado8:20181119000254j:plain

そして、新世界へ。

まあ、観光地だよね。

西成とかカラオケスナックばかりのアーケードとか飛田のほうが好き。居酒屋のコスパがいいからだろう。なんばへ行こう。

観光客にとって、定番をおさえることに意味がある。

ここでは、予約しといた「落語家と行く、道頓堀クルーズ」に行く。

土地面積と橋の割りあい、公会堂を寄付した山師の粋、そしてなんばの賑わいを船から見る。

おもしれー。

狼の被り物をしたピアニカ吹きが横を並走してくれる。

手を振ると川岸で飲んでいる人がフリかえしてくれる。

なにより、道頓堀などの水路に囲まれた大阪を感じることができたのが良い。

「これで、大阪旅行も終わりだな」と思った。明日は帰る日だ。が、最終日。なかなか面白いものを見た。