ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

狐面くんのブログが発掘されたので彼の奇人っぷりを管理人目線で紹介する

エゴサーチをたまにする。

私は精神的マゾヒストなので、自分が魂を込めて作ったものを笑われたり、貶められるのが好きだ。はっきり言ってどうかしていると思う。

嬉しいのは自分が「コイツはヤベエ!狂ってやがるぜ!」と感じた奇人さん(敬称)に「蜂の宿ダイスキ!」と褒められた時だ。彼らのために、私はこれからもやっていくだろう。

で、そんな奇人さんの筆頭「狐面」くんのブログが発掘されたので、ここでさらしてみようと思う。本人の許可は取っていないけど、HTMLでサーバにアップされている以上、それは必要ないだろう。wordpressドメインも取得しているっぽいので、これはバックリンクだ、受け取ってくれ。

juji-dissapear.com

彼は「蜂の宿の住民は狂ってるぜ!」と言うが、私から見たら滑稽だ。なぜなら、彼こそがもっとも狂った男だからだ。彼の残した伝説は多い。

 

伝説1:バイクの免許を取りに山形へ行く

 

彼はマントを羽織って、徒歩でやってきた。その時はまだ狐面はつけておらず、パッションピンクの一眼レフを携えていた。

「知り合いの画家の先生がいる」と富良野方面に出かけて行ったり、その先生と「貴重な石を山奥へ採取してきた」とゴロゴロと石を持ってきていた。

そしてある日「バイクの免許が取りたい」と山形へ出発してしまった。

「なぜ、山形?」と疑問に思った

「安いから」と彼は言った

おそらく合宿免許とかだろうけど、そこまでの移動エネルギーと旅費と寮費を考えれば旭川で取得するほうが合理的だ。

が、合理的な選択は彼に全く似合わない。狂っているからだ。

 

伝説2:ねえ、石は

 

先ほど書いた石なのだけれど、いまだにライダーハウスに転がっている。

「とても貴重な石」ではなかったのだろうか?まあ、平べったいので、鍋敷きとかにつかっている。価値観が謎だ。

 

伝説3:マイティーカップを持ち歩いている

徒歩時代から持ち物が謎の人物だった。普通とほだーというのは、ヘビー級のザックを背負って移動するものだ。が、かれはザックすらない、小さなバッグしかもっていない。

そこにティーカップが入っている。「なぜ?」と聞くと「紅茶が好きだから」ということだ。

「そうか」

と納得せざるを得ない答えだ。

着替えなどをあまり持っていない彼だが、まったく不潔な感じはしない。むしろ、私よりも清潔感がある。新陳代謝をしない生物なのかもしれない。

 

伝説3:退学届をライハで書く

 

大学を辞めてフリーランスになります!といえば「社会を舐めるな!」というリプライが来るのが、世のコール&レスポンスだろう。

彼はそんな醜いことはしない。

ある日、ツーリングに誘ったら「ちょっとまってください!」と何かを書いている。「何かいてるの?」と聞いたら「退学届けです」ということだ。

本物は自分の意思で、電光石火のように行動する。そう思った。

 

伝説「お前がどうした」

 

さて、彼のブログを読み始めて、新たな伝説を発見したので紹介したい。

juji-dissapear.com

 

連休中の浅草は外国人で溢れて、僕のベッドの上段にも隣のベッドにも外国人が寝ていた。

英語もろくに喋れないが他にやることもないので「Hey, what’s up」と手当たり次第に話し掛けた。

英語を話せない日本人の相手をするのは大変だったろう。

ただそうやって話しかけたうちの一人とは未だに交流がある。

 放浪を始めてすぐ、浅草のゲストハウスで外人に

「Hey, What's up」

と話しかけまくったらしい。

「やあ、最近どう?」ぐらいの意味だ。いきなり日本人の青年に話しかけられて、外人も戸惑っただろう。「いや、お前がどうした」と突っ込んだかもしれない。

 

まとめとおわび

 

ここまで無許可で彼のことを書いてしまった。読んでいるかもしれない、ここでごめんねと謝っておく。

ただ、まあ、自分を含めて狐面くんのことを嫌いな人間はいない。だから自信をもって自らの道を突き進んでほしい。