ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

あなたにとってバイクとは?

NHKドキュメント72時間という番組が好きだ。

さっきバイク乗りが集まる聖地で3日間密着したという回を見た。東京のとあるバイクパーツ専門店。そこでひたすらライダーにインタビューするだけの番組だった。

「あなたにとってバイクとは?」みたいな質問がされていた。「自分を表現する道具」だったり「仲間と走りに行く」から乗っていたり「義理のムスコとのコミュニケーション」だったりする。

その中の一人がバイク便の人だった。トラックの運転手をしていて40代であこがれのバイク便ライダーに。「今日は1本長いのがあったからセーフ!」というぎりぎり具合でとてもよかった。それでも「死ぬまでバイクに触らせてくれよ」と満足そうな笑顔だった。

番組を見終わった後、感じたのは思いの強さだ。バイクに対する思い。そりゃもうハンパじゃねぇぞと思った。

・・

・・・

自分はどうだったのか?大学時代のスクーターから始まり、郵便局でカブへ、そして先輩のバイクを買って休みの旅にどこかへ飛んでいく。ゴールデンウィークになると北海道を飛び出してどこかへ向かった。

郵便局を辞めてバイクを手放したときは泣いた。でもすぐにリトルカブを買った。日々の足だった。美瑛に来てからもバイクは必要で、それは生活の足だった。

少し余裕ができたころ、オフロードバイクを買った。そりゃもう楽しくて、世界がびろろーーーんと広がった感覚を覚えている。

そして楽しいだけではない。バイクは私にとって生活の糧ともいえる。ライダーハウスをやっていると、毎日のようにバイクに特別な思いを持っている人がやってくる。

 

※※※

 

バイクに少しでも関わりのある仕事で良かったと思う。

バイクは特別だ。それは言葉にできない。

それを忘れないようにしようと思った。