ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

霧の中でドローンを飛ばしたら快晴だった

朝、この時期は朝霧が発生する。ミルクみたいな霧が真っ白に世界を染めていた。

「おはよー」とヨッシーさんが来た「お久しぶりです、ドローン飛ばしに行かない?」ということだったので行ってきました。

 よきドローンでした。

 

ライダー少なくなってきた

一人一人と常連組がいなくなっていく。今日も一人出発。これで残るは5人となった。

ゴシンキさんは1日1人ぐらいで、居酒屋もそんな感じ。10月のどこかで居酒屋を閉めるので、そろそろ着地点をイメージしていかなくてはいけない。

ストーブもつけた、カヤックはあと1回やったらしまおう、また冬が来るのだ。

夜、東川で塾を開くことを計画している綿飴さんと話す。東川町では新規開業に100万の助成金を出していて、それさえあれば塾は始められるとのことだ。

ほかにも100万あればいろいろできるだろう。ラーメン屋とかキャンプ場とか。自分一人が死ななければいいぐらいの商売なら、選択肢はかなりある。ライダーハウスはなるべく勘弁して下さい、止める権利は私にないけど。