ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

国際宇宙ステーションおじさんだ!

裁判傍聴へ行った。

hatinoyado8.hatenablog.com

空気を読み、関係性が崩れるのを恐れた被告。崩壊した家庭で育って、卑劣な首謀者に利用されました。

 

被告に一番近い席で食い入るように傍聴していたら肩を叩かれました。旭川時代の友人で、郵便局で一緒に働いた仲です。昨日「今日10時から裁判あるよ」といったのでやってきたのでしょう。

 

彼と会うのは数年ぶりで、たまった話題を消化するために裁判を途中で抜け出してランチへ。「実は俺、仕事辞めたんだよね」ということでした。まあ、平日真昼間から裁判所に来れるんですからそうでしょう。「なにするんですか?」と聞いたら「日本一周、沖縄行く」ということでした。

 

「バイクも買ったんだよね」と彼の家に行くと新型のクロスカブが!

かっけー!

沖縄で越冬して、夏になったら北海道へ戻ってくるとのこと。「ところで、古いカブはどうするんですか?」と聞くと「誰かに売りたいんだよね、5万ぐらい」ということでした。

 

10年ぶりの重松君

ライダーハウスに帰ると10年ぶりの再会が。弾き語りしながら旅してたシゲマツくんです。おお、ひさしぶり!結婚したとのことでおめでとうございます。

 

それからモーターパラの師匠と、どっかで見たことがある人。「・・・・?ああ!」と思い出しました。一緒にやってたYさんです。二人とも個人事業主ってよりは法人の代表で、話題はまあ昔の話と金の話でした。

 

「まあ、もうやり切ったしダメならだめでいいんだよね」という共通認識。「それにしても変態度が減ったよね」と言われちょっとへこみました。

 

今日はゴシンキ1名。国際宇宙ステーションおじさんです。

小柄で基本的にヘルメットをかぶっているのですが、居酒屋に入ってくるなり「今日は19時29分から1分間西の空で宇宙ステーションが見れるよ!」と興奮してます。

まあ、それはいいのですが、困ったことに地元のお客さんに絡んでいるんです。(変な人がやってきてごめんなさい)という笑顔で対応。時間になって何とかおじさんを引き離し居酒屋の外へ。国際宇宙ステーションを見ることにしました。

お客さんもでてきて少し雲のかかった西の空を探します。すると、すごい速さで動く星のようなものがわかりました。

「あ!あれだ」とみんなで驚きます。すごい、あれに人が乗ってるのか。興奮しておじさんにありがとう!といいます。「珍しいものをありがとう!」「いや、ほぼ毎日みれるぞ」と地域別の見れる時間帯、場所をしらべるサイトを教えてくれました。

kibo.tksc.jaxa.jp

http://iss.jaxa.jp/iss/map/photo/2018/resize/20180923_1568.jpg

上記HPより

1眼持ってる人なら知っていて損はないでしょう。

 

それにしても国際宇宙ステーションおじさん、変わっていて面白い人でした。こんな人に出会えるこの仕事がたまらなく好きです。

 

※※※

 

一人の旅人が旅立つときに「旅が終わったら精神科外来に行こうと思います」といいました。「ADHD発達障害に当てはまりそうなんですよね」とのこと。彼を見ていた私としても「それはやるといいよ」と言いました。

 

彼はどうしても空気が読めないとい特徴があり、そのことで苦労してきたようです。でもさ、空気なんて読めたからっていいことばかりじゃないよ。今日傍聴した強盗致傷の被告なんて空気を読んでNO!と言えなかったんだから。国際宇宙ステーションおじさんもきっと空気なんて読んでないよ。でも素敵な人だったよ。