ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

世代年収なんて見てはいけない

「40歳ならこのぐらい年収ないとダメ」

というある種の男のプライドをくすぐる言葉があります。私はまったくもってどうでもいいのですが、年収で競う人生ってのもあるのかもしれません。

そんなことを思ったのもこのサイトを読んだから

xn--40-1b4aw96kg25czcs.com

サイト運営者が外部委託しているライターに「転職経験ってあるんですか?」と聞いたら「40代で10回以上やりました」という返事が返ってきたそうです。それで詳しく聞いてみたら「面白い!サイトにしよう」ということで生まれたサイトです。

 

ペットショップの店長から飛び込み営業の世界に入り、居酒屋店長やタクシー運転手などをリストラや喧嘩などが原因で転々とします。ですがこのライターの転職のモチベーションは「同い年に負けない年収が欲しい」ということのようです。

最終的に理想的な仕事に行きついたようですが、とんでもなく苦労してます。サクサク読めるのでおすすめです。

40代で10回転職を成功させた男の体験記録 〜中高年者の転職成功のコツ〜

 

んで、年齢に応じた年収ってどんな?

日本証券業協会のpdfより

http://www.jsda.or.jp/shiryo/chousa/data/files/nenshu.pdf

f:id:hatinoyado8:20180402232333p:plain

世帯収入なので夫婦の収入になるのでしょう。それでも40代なら1000万ぐらいいってるのが半分ぐらい。って・・・・・まじすか。ムリムリムリ!こんなの追いつかねー。世代年収なんて見ない!もうそんなのはどうでもいいね。

 

そしてまったく逆ベクトルの本を読んだ。

 青年海外協力隊でネパールにすんでしまった人の本です。青年海外協力隊ってなにをするのか全く分からなかったけど、その内容を実によく伝えてくれる本でした。

いいなー、ネパールの田舎でコミュニティに溶け込んでいく感じが実にうらやましい。この著者の幸せ感は「家族」です。40代で10回以上転職した人も「家族のために」ということを言っていますが、全く別のベクトルの幸せ感です。

 

4月になったから新生活が始まる人もいるようです。視野をなるべく広くもってほしいと思いました。