ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

ほんとうのウニを食べたことがあるか?

自然の味は、それが撮れる場所にしかないものなのである。

たとえばケガニは、海からあげて百歩ぐらいしか歩いていないものをさっとゆで、熱いものを食べるのが一番だ。(ムツゴロウの雑食記より)

 ※※※

ウニを好んで食べることはありません。北海道に生まれ住んでおきながら、それをうまいと感じることはありませんでした。何度か口に運んだことはありましたが、高い金を出してまで食うものではないとおもったのです。

 

よく知られているように、ウニは出荷の際に薬品に漬けられます。それがウニの形を維持する代わりに、味を別物レベルに落としてしまうのです。

 

いつかチャンスがあれば本当のウニを食べてみたいと思いました。その思いを強くしたのがこの本を読んだから。

 

ムツゴロウさんは異常な人です。東大を出て映画製作会社に入り、その後北海道の無人島に移り住みます。

ケンボッキ島というその無人島で生活し、その後北海道で「ムツゴロウ王国」を作ります。小さいころTV番組になっていたのをよく見ました。

そんな異常な人だから、周りに人が集まります。

※※※ 

・ある朝、浜でヒグマとすもうを取っていたら「見物料だ!」と言って漁師から卵のつまったマスを貰う。(実際にペットでヒグマを飼っていました)

・会合で中学生に「切除した胃(胃がんだった)はどうしたのですか?食べたでしょう、ね?食べたのでしょう?」と問い詰められる。(人間の肉を食ってみたいと公言していたため)

 ※※※

そんなムツゴロウさんは究極で至高の美食家でした。ウニに関する記述がエグイです。

 

・ウニだって、ウニ漁の漁船から直接ぼぎとり、殻から身を救って食べてこそウニである。

と言っている。ああ、それはうまそうだなあ。ウニは産卵期の1月か2月、エゾバフンウニなら11月の半ばからが最上らしいです。

それを行きつけの料亭に用意させて食うのです。粒のくっきりとしたハリのあるウニをパクリと喰い

「これがウニだ。奇跡の味だ。本物だ。極上品だ。・・・・」

「こいつはすごいというウニにぶつかるのは、年に一度だもんな。あとは残り香を愉しんでいるようなもの」

ムツゴロウさんでも極上のウニにでうのは年に一度なのです。それも半日でダメになってしまうから、あらかじめ「来たら食うぞ!」と言っておかなくてはいけません。

 はあ・・・どんな味なのかなあ?きっとこの世で一番うまいものの一つに違いないでしょう。