ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

金が無くて死にそうなら北海道に来ればいい

北海道でライダーハウスをやって、裁判傍聴をしていると気づくことがある。

今の日本人にとって、貧困は深刻な問題だ。

死ななくてはいけないぐらい追い込まれる人もいる。

死ぬぐらいなら北海道に来ればいい。

 

経済的貧困

経済的な貧困になる人がいる。貧困になる原因は人それぞれで簡単な問題ではない。働けなくなって貧困になる人、病気になって貧困になる人、搾取されて貧困になる人、貧困になる性格の人。万能薬は一つ、金しかない。

体が動くけど貧困に苦しんでいるなら簡単だ。北海道に来ればいい。北海道は明治の時代からやっかいものを追いやってきた場所である。前科者も政治犯もまとめて北海道に追いやって、雪や熊と闘わせたのだ。

そんな土地だからいろんな人が流れてくる。よそものって感覚が日本で一番薄い土地と言える。人口密度も低いから煩わしい人間関係やトラブルも少ない。

北海道には肉体労働の仕事がいっぱいある。代表的なのは農家だ。短い夏の間の労働力はどうしたって必要で、結構おいしい仕事もある。

観光も絶好調だから冬のリゾートの仕事もある。中国語を学ぶ気持ちがあるのならどこでも働けるだろう。

 

精神的な問題で働けないのなら、一度北海道に来てみてほしい。人間のトラブルの多くは人間関係。何もない自然の中では人間関係に悩むことは少ない。

どうしても仕事が長続きしなくて貧困なら、北海道の冬を経験するといい。北海道の冬は灯油が無いと死ぬ世界だ。一度死の直前にまで行くことで、労働意欲もわいてくるだろう。

 

精神的貧困

人間の敵は不安だ。不安が心を蝕む。心が悲鳴を上げているなら北海道に来ればいい。

北海道には何もない。死なない程度の仕事しかない。それは精神にとってご馳走だ。

私たちの遺伝子にはきっと「遠くに行け」という命令が組み込まれている。いったことのない場所にいき、知らないことを知ろうとする力だ。たんぽぽの綿毛やホウセンカの種のように遠くに行こうとする。

地元を離れ、好きな土地で生活を始めた時。心が落ち着いたことがある。客観的に見れば頼る存在のいない見知らぬ土地だが、不思議なことにそんな状況でこそ沸いてくる力があるのだ。

 

死なない仕事

ライダーハウスでも紹介できる仕事がある。シーズンを通して80万ぐらいにはなるだろう。

冬はニセコなどリゾートにいけば寮つきの仕事がある。こちらもいつも人手不足だ。

仕事が少ないのは4月から6月そして10月から11月だ。その間は遊べばいい。自分の一番好きなことをするべき時期なのだ。

 

まとめ

金が無くて死にそうなら北海道に来ればいい。死なない程度の仕事がある。そして精神的に自由になれる。

それは貯金や年収よりも大切なことだ。生きているという実感を得るには死が近くにないといけない。気温マイナス20度はそれをシンプルに教えてくれる。

広告