ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

死刑囚木島佳苗のやったことと今やってること

死刑囚がブログを更新しています。

f:id:hatinoyado8:20180206225206p:plain

木島佳苗という女が起こした事件というのをあまり知りませんでした。

裁判傍聴に関する本を読んでいたらこの本に出会い、その内容にとても驚きました。

 首都圏連続不審死事件として話題になったのはなんとなく覚えています

首都圏連続不審死事件(しゅとけんれんぞくふしんしじけん)とは、2007年平成19年)から2009年(平成21年)にかけて発生した連続不審死事件。さいたま地方裁判所における事件番号は「平成21年(わ)第1809号等(詐欺、詐欺未遂、窃盗殺人)」。

婚活(結婚活動)を利用した事件であることから、「婚活殺人事件」、「婚活大量殺人事件」、「婚活連続殺人事件」などとも呼ばれている。

 

首都圏連続不審死事件 - Wikipedia

 

婚活サイトに登録して、次々に男を落とす手腕。北海道出身で親は地元の名士だったといいます。東京で男を騙して殺しまくりました。その強さにあこがれる佳苗ガールというファンも存在したらしいです。

木島死刑囚はそんなに美人ではありません。ですが「男を落とすための女性らしさ、優雅さがあった」と本では語られています。ターゲットは女性に縁のない男性でした。70代の人から老後資金を全額ぶんどったり、被害額は何千万にもなったといいます。

※※※

なんかわかる。私も実家から郵便局に出勤していた5年間はまったく女性にもてなかった。それよりも仕事をなんとかしないといけない。人生における優先順位は仕事の方が上だった。

郵便局を辞めることができなかったら、きっと女性にもてず淡々と貯金していただろう。そこに被告のような「俺にはこの人のいいところが分かるぜ」と思われる女性が現れたら、お金なんて全部あげてしまうかもしれない。

そんな男を騙しまくって、そのうち3人殺した。その罪で死刑が確定したのだ。

死刑を言い渡されたときの気分とはどんなものだろう?と想像する。本では「心の準備をしてきたようだった」と木島死刑囚がしっかりと判決を聞いていたと書いてある。

これはすごい。裁判傍聴を趣味としているけど、死刑宣告なんて聞きたくない。だって死ぬんだよ?殺すんだよ?いや、そりゃわかるけどさ。

裁判長も裁判員もきついよ。ユーアー死刑って言わなくてはいけない。小学生ならいえるかもしれないけど、小学生に裁判員はできないしね。

※※※

そんな木島死刑囚の内心ってどんなの?と思います。死刑を宣告されて受け止めることってできるのでしょうか?いまどんな精神状態なのでしょう?調べてみたらブログを更新してました。

IMG_20180109_162157

木嶋佳苗の拘置所日記より

さすがにネットは使えないみたいですが、外にいる支援者が死刑囚の文章をアップしているみたいです。

そのブログの内容はディープです。情報量が多すぎて読みにくいですが、獄中結婚とかしているようです。

すごいバイタリティーといえるでしょう。被害者遺族には申し訳ないけど、確かにファンがいるのもうなずけます。

死刑囚がブログ更新してるってすごい!という気持ちを文章にぶつけました。

広告