ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

練習が足りない

 

文章を書いてお金を稼ごうと思い立って1年が経過しました。去年の12月ごろ、たまねぎ工場のアルバイトに通いながら、ランサーズでライターとして活動を始めたのです。
朝5時とかに起きて、単発の仕事を探します。すなわち500字200円などの仕事をやって、承認されれば振り込まれるというものです。「朝起きて500円稼いだよ!」となるのが楽しかったです。
やればやるほどお金になるので、どんどんはまっていきました。そうするとバイトをするのが嫌になってきます。自分のやりたいことがお金になって、かつ成長もできるのに、なぜたまねぎ工場で働いんているのだろう?と考えたのです。
たまねぎ工場が嫌いだったわけではありません。むしろいままでで一番割のいいバイトでした。でもやめてしまったのは、そんな気持ちがでてきたから。
人それぞれかもしれませんが、私はそんな気持ちに弱いです。自分のなかの自分が自分に対して「ヘイヘイ、びびってるの?」とあおってくるような気がするのです。
「ビビってるんだよ。怖いんだ?仕事がなくなるのがこわくて踏み出せないんだろ?だってそうじゃないか、貯金するの楽しいだろ、去年よりも今年のほうが溜まってるものな。小銭が。年齢も若くないし、残りの人生を流して終わろうって考えているのさ。命が惜しいのだ。勇気がないのだ。根性も。」
んだと?やってやろうじゃねぇか

あと2か月で終了するバイトを辞めて、ライダーハウスがはじまるまで本格的にライターになることにしました。
今思えば、この判断があったから、あの時のことがあったのだと思います。

4月に「ドローンライター募集!」という仕事がありました。ドローン!!!まさに私の好きなジャンルです。情熱たっぷりに募集要項を埋め尽くしました。
ライターとして経験が浅いけど、まあそんなにやる気があるなら。ということで参加させてもらえることになりました。
しかし、結果は惨敗。数記事書いたら「もういいです」とカットされました。
自分の好きなことで、自分の好きなことを、時間たっぷりかけて書いてもいいものはできなかったです。
それから文章力の本を読み漁り、同じ時期に受かった別の案件にすべてぶつけていきました。

文章とは、どう書くべきか?
正解はありません、ですがやり方はあります。それに、この質問はしぼりが足りません。
論理的な文章とは、どう書くべきか?
これなら、より明快な答えがあります。
ランサーズでクライアントに評価される文章は、どう書くべきか?
もっとわかりやすく、答えを提示できます。
つまりは目的に合わせた文章を。そのためには目的に合わせた言葉とフレームを作るべきです。
目的に合わせて覚えた技術を、芸を、ハッタリをかますのです。
まだまだ、練習が足りません。

こんな漫画を読みました。

omocoro.jp

「なんでもプロになるには、1万時間の練習が必要だ」
1万時間は1日9時間練習して3年。私はまだまだ練習が足りません。