ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

映画「メッセージ」が面白かった、ネタバレあり

ライダーハウス蜂の宿管理人のノザワです

 

映画の感想の記事になります。 ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

映画「メッセージ」が面白かったという話です。

「メッセージ」の画像検索結果

 

UFOの形がばかうけ、とか、柿の種とかいろいろ言われています。

 

まあ、酒のつまみにでも見るかぐらいの気持ちで見始めたら、今年一番面白かった作品でした。

 これからネタバレありですので、ちょっとでも気になったのならgoogleplayで400円払ってみてみることをおすすめします。

 その価値は十分あると思います。

 

内容

 

 UFOがやってきて、宇宙人と意思を疎通しようって話です。

 大航海時代の地球人のように、言語が全く通じない相手(なにをするかわからない)というのは恐ろしいもので、この作品の宇宙人も超おっかない。

 だんだん脳に侵食してくるし。

 しゃべる言葉は意味不明で、言語学者のルイーズ博士が文字によるコミュニケーションを図ります。 

 これが上手くいって、宇宙人文字をイカっぽく墨でピューって書くんですね。 その文字が書道で○を書いたようなミステリアスなもの。 

 この宇宙人文字を解読するにしたがって、物語が進行します。

 

言語によって考え方が変わる

 物事のとらえ方、考え方はその言語に影響される。 というサピア=ウォーフ理論が物語の重要なキーになっています。

 英語なら合理的になるし、日本語ならおくゆかしくなるというものです。 メッセージでは宇宙人の言語を習得することで、主人公に「未来が見える」能力がそなわっていきます。

 「んなバカな!」と思いますが、宇宙人は前後の概念がない生き物で、地球に来た目的も「3000年後に人類の助けがいるから」というものです。

 

何度も見たくなる

 静かに、規則正しく進んだ物語は、後半になると激しく、順序も飛び始めます。 1回目の鑑賞でもわかることはわかるのですが、何度も見直したくなる映画でした。