ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

スーパーカブC125の販売時期と価格について予想してみた

モーターショウで展示されていた、スーパーカブC125

f:id:hatinoyado8:20171104124346p:plain

その販売時期と価格はどうなるのでしょうか。

 

前例:クロスカブ

 

 クロスカブの発表は2013年です。 そのベースとなるカブ110(JA10)は2012年に作られています。

 その差1年、いろいろ事情は違うかもしれませんが早いですね。 もとから生産が決定していたからかもしれません。

 「カブのモデファイというべきクロスカブと、今回のc125は違う」という意見もあるでしょう。 クロスカブはプロカブにオフパーツをつけて、ギア比や足つきを変えたもの。 c125はエンジンから違います。

 といっても、同じフレームにグロムのエンジンを乗っけるだけだから、それほど開発費がかかるとは思えません。 なによりたいせつなのは

 高級感

 ではないでしょうか。 c125にビジネスバイクのかほりはせず、スタイルを重視するヤングに最適なマシンであるといえます。

 ということで、割と早くに登場すると予想します。

 

価格

 

 c125は110よりもハイグレードであるとわかります。 キャストホイールやカモメハンドルなど、カブだったら「そんなのつけたら販売価格があがっちゃうよ!」といわれそうなものをつかっています。

 で、いまのクロスカブで28万円です。 さらに国内生産にすることにより4万以上アップするといわれてますので、、、、、

 35万ぐらいはするのではないでしょうか・・・・・

 90カブのユーザーが腹を抱えて笑いそうです「カブに!?35万!!??」って。

でも、そんな差別化がむしろ必要なのではないでしょうか。 カブブランドは、廉価でタフというイメージですが、ここまで多角化するとそれも無意味に薄まりそうです。

 個人ではカスタムカブに乗り出す人はとても多く、カブだけでバイク人生を終える人もいるでしょう。

 そんな人にとってカブというのは信頼のブランドなのです。 子供たちが独立し、老後のためにマンションをたて、税金対策に競走馬を購入するようなランクの人が、カブ以外をバイクと認めないという認識だったらどうでしょう。 自慢のちょび髭もしょんぼりするのではないでしょうか。

 そんなセレブリティに!c125は!ピンズド!!