ライダーハウス蜂の宿

閉鎖しました 

ごちゃまぜの家に共感を受けた

ライダーハウス蜂の宿管理人のノザワです

 

 はてなブログを巡回していたら、この記事を見つけました。

ibaya.hatenablog.com

 坂爪圭吾さんのブログ「いばや通信」です。 坂爪さんは「ごちゃまぜの家」という何でもありのフリースペースを作って、この記事で5か月やった感想を書いています。

 そこで「次の人のためのことを考える」という最低限のルールが、とてもライダーハウスに通じるなと思いました。

 ライダーハウスもいろいろな人がやってきますので、他人のことを考えられない人には出て行ってもらうことがあります。 ただ、ごちゃまぜの家と違い常連が重視されるので、ルールなどは常連が作る面もあります。

 その中で「それはやりすぎだろう」と思うものを、管理人権限でカットしたりするのです。 誰にもわかりやすく、常識的で、かつ自由を遮らないもの。 そんなルールだけが残りました。

 それは「ほかの人の迷惑にならない」ということです。 寝るのもしゃべるのも漫画を読むのもネットをするのも自由です、ただ迷惑にならなければ。

 ただ、そこには未来への視点が欠けていました。「次の人のことを考える」っていいなあ、ごちゃまぜの家は住所などを公開していませんが、きっと長く続くでしょう。

 ライダーハウス蜂の宿も、次の人のためになることを考えなくてはいけません。 そのためにはまずガッツリ稼がないと・・ということで、今日も実家で仕事してます。