ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

裁判傍聴記:おじさんAの告白

ライダーハウス蜂の宿管理人のノザワです
裁判傍聴の記事になります。
今回の事件は人道的にえぐいものでした。
なのでそうゆうのが弱い人は読まないほうが良いと思います。
私も聞いていて吐き気がするような事件でした。


連泊中のライダー トトロ(あだな)と傍聴に行きました。
裁判所に行き、法廷の前で事件の題目を確認します。
そこには
児童福祉法違反」
とあり、被告人の名前は
「A」
となっています。

「どうしてAなんだろうね?」
「未成年だからですかね?」
とトトロと予想します。
この時点では
「おそらく高校生がなんかやらかしたのかな?」
ぐらいに考えてました。
高校生男子が高校生の彼女に ナニカ をやらかしてしまい、それが大きくなって刑事事件にまでなってしまったのではないか?
そんな私の予想はあっさりと覆りました。
手錠と腰縄をつけられて入廷した被告「A」は、ひげもじゃの60~70の男性でした。


注:ここから事件の概要になります。 ひどく性的な事件です。 検事いわく
「卑劣で、人道に劣る」被告の一方的な性欲が引き起こしたものになります。
そうゆうのが苦手な方は、お手数ですがブラウザバックでもどられますよう、お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 


おじさんAの卑劣

 「秘匿案件です」
と裁判所の人が被告、弁護士、検事に注意をうながします。
このことから被害者は未成年であり、おそらくは性的な犯行であることがわかりました。

検事は前にも見たことのある、おかっぱスーツの美人検事です。

そして被告はひげもじゃでよれよれのスーツを着ていて、トロンとした目をした覇気のない男です。
もそもそとしゃべる姿は、どこかの宗教団体の教祖にも見えます。
この男が未成年に ナニカ をやらかしたのでしょう。

検事の論告が始まりました。

「被告人は○○で生まれ、中学を卒業後いろんな職を転々とした」
「平成10年、内縁の妻と同居。平成12年に被害者である子供が生まれた」

 

 

 

 

 

 

 

 

「被告人は 実子 である被害者に性的行為を繰り返しおこなっていた・・・

 

 

 

 

 

概要はこのようになります

平成10年 内縁の妻と同居を始める

平成12年 被害者である子供が生まれる

被害者が小学校1年生のころから、インケイをパンツごしに押し付ける

小学校6年生のころから、性交するようになる

内縁の妻とはセックスレス、妻が仕事でいなかったりスーパーに働きに行っている間にも犯行に及ぶ。

「周りには言うなよ」と口止めさせる

被害者が高校に入学するころから月1回のペースになる。

被害者が高校のアンケートで「無理やり性交させられそうになったことがある」という項目に○をつけ、事件が発覚。 平成29年8月に逮捕。

被告は平成32年まで月2万を養育費、その他諸々として払う予定。

 

犯行に至った経緯


 被告は「パ位pn」好きという性癖を持っており(ここら辺、美人の女性検事がしっかりと確認していた)、それぐらいの子供で興奮する男です。
 子供とじゃれあううちに「そろそろ入るんじゃないか?」と思い、挿入しました。
性欲を満たしたくても妻は相手にしてくれず、風俗にもいかなかった。

その理由は

「風俗だとお金がかかるし、病気が怖いから」
被害者への影響については

「考えてなかった」

 

求刑、そして恐ろしかったこ

検事の取り調べで

「俺が家を出てけばいいんでしょ?」というような発言をしており、経済的な責任を果たせるとは思えない。 公務員時代の年金5万だけでは足りないからバイトを探すと言っているが、その目星はついていない。 被害者への罪の意識も疑わしく、自分の欲望を満たすためだけに犯行を重ねた。
卑劣で人道に劣る行為であり、厚生施設で教育の必要がある。
求刑5年。
弁護士はヤル気がなさそうに「被告は反省している」と述べて終了。
いつもだったらこの時点で熱い説教がはじまるのですが、サトウ裁判長は

「終わりました、判決は10月の・・・」
とあっさり終了。
私は恐ろしくなりました。
「ああ、実刑のときはこうなんだな」
と感じたのです。
おそらく検事の要求通りの刑が下り、おじさんAは人生の最後を織の中で暮らすのでしょう。
きっと裁判長は冷徹に職務を全うするつもりです。
その姿は「獣にかける言葉はない」といっているようでした。

 

今まで聞いたどの裁判よりも悲しい気持ちになりました。

世の中にはこんな男がいて、こんな卑劣なことをしているのです。

吐き気がするし、感情的になりそうですが、事実です。

そのことを忘れないためにここに書かせていただきました。

気分を害された方がいたら申し訳ございません。