ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

旅人の定義

ライダーハウス蜂の宿管理人のノザワです

今日「旅人いますか?」とお客さんに聞かれました。

すこし返事につまったという記事です。

 

※※※

 

9月も下旬になりました。

そしてライダーハウスはガランとしています。

ライダーは連泊してバイトにいっている人達だけです。

割と余裕があったので、布団を干したり、温泉にいったりしていました。

そして温泉から帰ってきて、ゲームをしながらだらけていたら

「こんにちはー」

とお客さんがやってきました。

お客さんはいいます「ここは働いている人が多いって聞きましたが、今日って旅人いますか?」

私は困ってしまいました、連泊中の彼らは紛れもなく旅人だと思います。

ですが彼の言う「旅人」とはちょっと違うかもしれません。

んー困りました。

 

※※※

 

いま、手元に「明鏡」という辞書があります。(大修館書店)

それによると「旅人」というのは

旅をしている人。旅行者。

 ということです。

そしてこの辞書によると「旅」とは

住んでいるところを離れて、一時的に他の土地に行くこと。旅行。

となっています。

ついでに「住む」とは

居を構えてそこで生活する

 ということですので、ライダーハウスにて「生活」してしまったらもう旅ではないということがいえます。

 

辞書に乗っていることはともかく、彼にとって「労働者」は旅人ではないということが伺えます。

きっと泊まっても満足してもらうことはできないでしょう。

私は「旅の定義」って難しいなあって思いました。

 

※※※

 

連泊中の彼らは、いま不安定な場に立っています。

秋になって話題は「これからどうする?」というものが多いです。

それは自分とは何者で、どんなことをやりたいのか?

探っているように見えます。

私は彼らを「立派な旅人だな」と思います。

でもそれは冒頭の彼が言う「旅人」ではないのでしょう。

彼はもっとフランクに、おいしいグルメ情報とか、格安の宿とか、絶景ポイントなどを語り合いたかったのではないでしょうか。

ちょっと濃さが違うように思えます。

なので私は

「今は旅人いないよ」

といいました。 「それじゃあ」と彼は出て行きました。

広告

 

 

広告を非表示にする