ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

静かになり恐怖に襲われるが裁判傍聴のおかげで「強くなった」と感じた話

ライダーハウス蜂の宿管理人のノザワです

9月も中旬に入り、ライダーもめっきり減りました。

今日は新しく入った人はいませんでした、連泊の人だけのライダーハウスです。

そして忙しいときにはまったく感じないのですが、暇になるとやってくるのが「恐怖」です。

「これから収入は減っていくのに大丈夫?」

「さらに今年はアルバイトもやらないんだよ?」

「ねえ、大丈夫?大丈夫?」

と目に見えない幽霊のように恐怖はささやいてくるのです。

あまりに恐ろしくて逃げ出したくなるのですが、今年の私は一味違います。

自分で「強くなった」と思うのです。

どうして強くなったのでしょうか。

それは裁判傍聴に行ったからです。

 

※※※

 

なにか新しいことを始めるときには、必ず恐怖がやってきます。

それを打ち消すにはワクワクとか好奇心が必要です、ダメージを受ける覚悟も必要かもしれません。

「冬の間、ネットの仕事ですごしてみる」

というのはそこそこのダメージがあるでしょう。

収入は激減するでしょうし、数少ない冬のアルバイト先を失うことになるかもしれません。

それでも好奇心が踏み切らせてくれました、あとは恐怖のささやきと戦うだけです。

でも私には裁判傍聴があります、裁判傍聴をやって強くなったのです。

たとえネットの仕事がうまくいかなくても、もっと上手くいってない人が必ずいます。

先日見た裁判では「精力剤を買ったら訴えられた」男性がいました。

あの被告に比べたら、私がこれからどんなに失敗をしても「軽症」でしょう。

たいしたことはないのです。

 

暇だったので今日から居酒屋も通常営業にしました。

居酒屋をやっていると「どんなヤバイ客がくるか」恐怖にとらわれることがあります。

これはサービス業をやっているひとなら、一度は経験するでしょう。 突然、むしょうに客が恐ろしくなるのです。

でも、裁判傍聴で見てきたような人はきっときません。

午前中に万引きして、午後にまた万引きするためにやってくるような人間はきません。

せいぜい人を殺したヤクザくらいです、それもたいていおとなしくしてます。

幻覚と幻聴に悩んでいる人も来ません、統合失調症で突然いなくなる人ぐらいです。

有印紙文書を偽造する人も来ません、覚せい剤をついつい打っちゃう人もきません、20年不倫している人ぐらいはくるかもしれませんが、居酒屋営業には問題ありません。

つまり、裁判傍聴で見てきたような人間は来ないのです。

たいしたことはないのです。

 

裁判傍聴は下種な趣味かもしれません。

結局、自分は安全な「合法」の柵の内側にいて、外側にいて裁かれている被告を見るのは「セーフティー」である愉悦がともなうからです。

でもいいことだってあるんです。

「こんな人もいるんだ」というリアルな体験は、自分の幅を広げてくれたと思うのです。

人間関係に悩んでいる人がいるなら、ぜひ裁判傍聴に行くことをお勧めします。

あそこには、そこらへんにいる「小物」や「小悪党」はいません。

「超小物」か「悪党」がいます。

彼らに比べたら「小物」や「小悪党」は善良な市民といえるでしょう。

たいしたことはないのです。

 

広告