ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

裁判傍聴記:覚せい剤と親の愛

ライダーハウス蜂の宿管理人のノザワです
裁判傍聴の記事になります。
今日も「ゲス」と言われるのを覚悟して裁判傍聴に行きました。
午前中に合ったその裁判は「覚せい剤取締法違反」です。
その法廷で私が聞いた内容は、心の奥にズシンと響くものでした。
これを読んでいただいた人になるべく伝えたいと思っています。
 
覚せい剤の裁判は以前も見ていて、割とまあ軽いものでした。
被告も明るくて、裁判もこじれることもなく終わりました。
なので今回もそんな感じかな?と思い法廷に入ると「真面目」な感じの人がやってきました。
細身で坊主、目線は伏せつつもまっすぐで「ああ、反省しているんだ」と一目でわかります。
自分のやらかしたことを深く反省し、鉄の決意を胸に抱いている顔です。
30歳、型枠大工。
証人には被告の母親と社長が来ていて、社長曰く「真面目で仕事ぶりはとてもいい」ということです。
「そんな人がなぜ?」と私は思いました。
被告が初めて覚せい剤に手を出したのは20歳のころです。

はじめてのシャブ

中学を卒業して働き始めた被告は20歳のころに「知人から勧められて」シャブに手を出します。
それから週一で摂取して、5年前に捕まっています。
再び手を出してしまったのは今年の7月に妻とケンカをしたからでした。

離婚したからシャブ食おう

被告には12歳になる娘がいて、妻のお腹の中には次の命が生まれるところです。
ただ妻は離婚を望んでいます、なぜそうなのか?は語られませんでしたが「絶対に離婚したくありませんでした」と被告。
家族を養うためにも仕事に没頭する決意だったようです。
ですが妻の離婚の意志は固く、結局は8月に離婚は成立してしまいます。
そのことに被告は深く傷つき、「名前の言えない知人」から覚せい剤をもらってしまうのです。
 

どうして名前が言えないのか?

 
被告は娘のことを愛していて、仕事で遠方に行かなくてはいけないときは母親に面倒をまかせています。
母親も孫娘のことをかわいがっており、被告のもとに「毎日面会に行ってます」。
娘との関係も良好で「今回ばかりはパパを許してほしい」という減刑嘆願書を裁判所に提出してます。
シャブの入手先が言えないのは「娘に影響がでるといけないから」
つまり名前を出して、売人に恨まれ、娘に危害を加える可能性があるからということです。
 

仕事のできる人

 
そんな被告にとって、妻と今度生まれる子供のことはとても大切な存在だったのでしょう。
その関係が歪んでしまったとき、被告は仕事中に飲酒運転で事故を起こしてしまいます。
そのことについても社長は「叱りつけました」がクビにすることはありませんでした。
とにかく被告については「仕事ができる貴重な人材」といっています。
 

母親の愛情

 
被告は一人暮らしですが、娘のこともあり母と3人で生活する予定です。
ただ母親は20年前に覚せい剤をやっていました。
もうやってない?という検事に「自信をもって大丈夫です!」と答えます。
被告は覚せい剤のことで本当に苦しんできたのでしょう。
親が手を出し、自分も手を出してしまう。
そのことで娘が危害に及ぶかもしれません。
今まで見たどの被告よりも「ビシッ」としているのは、そのような背景があったからでしょう。
そんな被告をだれよりも厳しくどやしつけたのは裁判長でした。
 

あふれる裁判長

 
「5年前ってことは娘は7歳だよね?」
「その時有罪を受けて刑務所に入ったら、娘はどうするつもりだったの?」
「で、今回は飲酒運転で事故も起こしてるよね?」
「なんでそんなことするの?」
「なんでまた覚せい剤やるの?」
「大切な・家族が・いながら」
「なぜ?」
「どうやったら覚せい剤やめれるの?」
「病院行けば辞められるの?」
「意志は強くなるんですか?」
「今後やらないという保証はどこにあるの?」
・・・娘の為に変わります
「だって娘さん昔からいるでしょ?」
「なんで・また・やるの?」
「犯罪やったら家族は守れない」
「その自覚が抜けているんじゃない?」
 

まとめ

 
これまで見た中で、もっとも裁判長が怒っていました。
私は「これは、愛だ」と感じました。
ただ、検察としても入手先を隠していることは暴力団の資金源にもなるので、厳しい厳罰を与えざるとえないということで2年の求刑です。
 
きっかけは母親の20年前の覚せい剤だったのかもしれません。
どんなに強い意思でやめたと思っても、一生ついて回るのです。
その影響は自分だけでなく、家族や周りの人たちにも及びます。
 
覚せい剤は恐ろしい
 
そのことがわかったとおもいます。
どんなポスターや標語よりも、今回の裁判のほうが教訓になりました。
 

広告