ライダーハウス蜂の宿

冬季休業中です、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943

カブ110のリアショックをYSS(東京堂)に換えてみた

ライダーハウス蜂の宿管理人のノザワです

6年乗っているカブ110(JA07)のリアショック(リアサス)を交換しました。

そのインプレッションです。

f:id:hatinoyado8:20170904102418j:plain

※※※

 

8月中旬にふらのカブ主総会にドローンパイロットとして参加させていただきました。

その時のご縁でライダーハウスにカブ主の方が来ていただきました。

その一人天沼さんは同じカラーのJA07に乗っていらっしゃって、少しだけ天沼さんのカブに乗らせていただきました。

 

すると「!!」おなじバイクでもずいぶん乗り心地が違います。

「リアサスは換えたほうがいいですよ」と天沼さん。

東京堂(YSS)のリアショックを入れているようです。

私は6年間ノーマルで走り続け「衝撃は膝で吸収するのだ!」とがんばってきましたが、そろそろ交換するべきときがきたのかもしれません。

ぽちっと購入。

 と思ったらアマゾンには白しかありません。

楽天にメッキがあったので、楽天で買いました。


 

 

f:id:hatinoyado8:20170904103742j:plain

f:id:hatinoyado8:20170904104006j:plain

交換はメガネレンチがあれば簡単にできます。

さて、フィーリングですが

「劇的に変わった!」

というほどではありません。

ですが

「良くなった!」

とはっきりいえます。

突き上げやバウンドなどはかなり改善されました。

そして数日乗るとさらに良さがわかってきました。

 

※※※

 

体が新しいサスに順応したのでしょうか、それともほかの理由があるかもしれません。

「お尻で舵を取る」感覚が出てきました。

タイヤの丸みもダイレクトに感じるので「どれくらいまで倒せるか」がしっかり伝わってきます。

これにはさすがに驚きました。

タイヤがまるで体の一部のように感じるのです。

そこで私は「ああ、こうゆうことだったのか」と理解しました。

天沼さんが「カブのリアサスは換えたほうがいい」と言っていたことは、こんな感覚を体験したからなのでしょう。

もし「純正でも十分走るし!」とカブのリアサスを交換しないでいるのなら、私はこう思います。

「なんてもったいない」

カブはこんなに走るバイクだったんだなって考えが変わりますよ、だからカブのリアショックは交換したほうがいいです。

 広告