ライダーハウス蜂の宿

電話に出ない場合があります、ご利用案内→ http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/235943</a> 電話090-2818-7340 

第2回蜂の宿陶芸バトル勃発!もちろん土から掘ります

ライダーハウス蜂の宿管理人のノザワです

ライダーハウスの敷地を掘ると粘土がでてきます。

それを七輪で焼いて陶芸をやったりします。

もちろん、普通の陶芸ではありません。

 

「将来は先生になりたいんです」

というヤマトくんの台詞を聞いてなんか思い出しました。

「そういえば去年の今頃、先生になるつもりの旅人と陶芸でバトルしたなあ」

時刻は15時、お客さんはあまりいなくて時間があります。

「じゃあ、粘土から掘って陶芸をしよう!」

ヤマトくんにシャベルを持たせてライダーハウスの裏へ、粘土はすぐにとれました。

水を入れてこねます(ヤマトくんが)

その間に火を起こします

本格的な七輪陶芸だったら、七輪を二つあわせて窯のような高温で焼くのですが、まあ作る物がしょうもないものなのでこれで充分です。

水分量とかコネかたとか、やればやるほどうまくなっていきます。

なぜなら、いままでこんなことをしたことがある人間は一握りだからです。

つまりみんな初心者、だいたい初体験。

 

焼きあがるまで仕事です。

今回の優勝者はタモさんでした

いやあ、ひび割れもなく見事な作品です。

「多分縄文時代の人も、こんなの作ったよね」

そんな話も飛び出しましたが、やはりプリミティブなシンボルといえるでしょう。

なんてったって作りやすいし。

広告